筋皮神経麻痺-肘を曲げにくい・腕の外側の感覚が鈍い

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>http://shinkyuuseikotsu.com/

筋皮神経麻痺-肘が曲げにくい、手の平を上に向けにくい、腕の外側の感覚がおかしいなど

 

筋皮神経は

 

筋皮神経は、首から出る神経が複雑に交叉しながら作られる腕神経叢から下降し枝分かれした神経の一つで、頚椎方向へとさかのぼるとC5,C6頚髄神経へとたどり着くことになります。

筋皮神経麻痺―筋皮神経の走行|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

筋皮神経麻痺―筋皮神経の走行①

筋皮神経麻痺―筋皮神経の走行|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

筋皮神経麻痺―筋皮神経の走行②

筋皮神経は肩関節の内側からはじまり、上腕部分で鳥口腕筋を貫通して上腕の前面(上腕筋と上腕二頭筋の間)を通り前腕の遠位部分へと向かうのですが、その途中で枝を出し上腕二頭筋、鳥口腕筋、上腕筋を支配支配します。

筋皮神経麻痺―烏口腕筋貫通部|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

筋皮神経麻痺―烏口腕筋貫通部

筋皮神経麻痺―上腕筋と上腕二頭筋の間を走行する筋皮神経|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

筋皮神経麻痺―上腕筋と上腕二頭筋の間を走行する筋皮神経①

筋皮神経麻痺―上腕筋と上腕二頭筋の間を走行する筋皮神経|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

筋皮神経麻痺―上腕筋と上腕二頭筋の間を走行する筋皮神経②

 

その筋肉の働きは、上腕二頭筋は、肘を屈曲する時と前腕を外側にひねる(回外)時に最も働く筋肉、

上腕筋は、肘を屈曲する筋力としては上腕二頭筋よりは出力は劣るのですが、肘関節を屈曲する純粋な屈筋、そして烏口腕筋は、腕を前方に上げたり(屈曲)、体側に引き寄せたり(内転)する筋肉となります。

 

 

筋皮神経麻痺になると

 

筋皮神経が麻痺すると上記の筋肉の働きが障害されるために、上腕の力こぶの大きさに左右差が出たり、肘を曲げる掌を上側に返す(回外)動作などが弱くなったりします。

また、筋皮神経は、前腕の外側の知覚も司っているので、その部分に知覚障害が起こる場合もあります。

筋皮神経麻痺ー外側前腕皮神経の支配領域|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

筋皮神経麻痺ー外側前腕皮神経の支配領域

 

 

筋皮神経麻痺の原因としては

 

物を担いで圧迫を受けること、または筋肉を貫通したり筋肉の間を走行したりしているためハードな筋トレなどで筋肉により圧迫されることもあります。

 

 

筋皮神経麻痺を回復させるには

 

原因となっているものを改善し、経過を観察していくことで回復していきます。

筋力トレーニングが原因の場合は、トレーニングを中止することが必要な時もあります。

 

筋皮神経麻痺は原因の心当たりがある場合もそうでない場合も、肘が曲がらなくなったり、腕の脱力感があったり、前腕の知覚に異常を感じたりした場合は疑うべき疾患の一つです。

 

肘周辺の異常、腕の感覚や力の入れ具合に異変を感じた時は、ぜひ当院へご相談ください。

>>http://shinkyuuseikotsu.com/

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居西3丁目1-33
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間