筋、筋膜性腰痛ー腰の筋肉の痛み

腰痛、腰が重い、だるい、動きに伴い強い痛みが出るなど筋筋膜性腰痛の治療はぜひ大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へ!

 

筋・筋膜性腰痛とは、腰周囲の筋肉の過剰な緊張やそれに伴う筋膜の損傷により、血行不良や炎症によって痛みを発する腰痛です。

 

長時間の無理な姿勢やスポーツなどによる急激な腰への負荷が主な原因で、基本的には骨や関節には異常がみられません。

 

ただし、椎間板変性や変形性脊椎症、腰椎分離症、腰椎分離すべり症、骨粗しょう症などの疾患が基盤にあり、二次的に筋・筋膜性腰痛症を起こしている例も少なくありません。

 

症状としては腰が重い、だるい、凝った感じがするなどの腰の違和感から始まり、腰の痛みや背中にかけての痛みに変化することもあります。

それをそのまま放置することにより、筋肉や筋膜に疲労がたまり炎症を起こします。

 

さらに筋肉や筋膜が硬くなると、筋肉自体が損傷を受けやすくなります。

そして損傷を受けやすい状態が続いている中で、不意に腰に負荷がかかると、ギックリ腰と言われる状態になってしまいます。

 

筋・筋膜性腰痛は、筋肉や筋膜が原因となる疾患ですので、動きに伴い痛みは増悪します。

 

施術としては、損傷を起こしている筋肉や筋膜にかかる負担をいかに軽減し、炎症や損傷を抑えることなど原因に対処することが必要です。

 

コルセットを正しく装着することにより、腰椎への負担を軽減することも良いと思います。

 

また、損傷を受けて硬くなっている患部の緊張を、手技や鍼灸で緩めていくこともおすすめです。

 

状態が回復したら再発を予防するために、腹筋群を中心とした筋力トレーニングを行い強化まで出来ると腰の痛みを繰り返すことは少なくなります。

 

痛みの強さにかかわらず(たとえその時に強い痛みが出ていても)、痛めた程度や原因が軽度な場合は放っておいても回復することは多いと思います。痛みを感じるという身体の防衛システムにより、痛いからゆっくりする、痛みのある動きを避けることにより回復できるのです。

しかし、回復しない或いは何度も繰り返す腰の痛みをお持ちの方は、腰の痛みを引き起こす原因に対する施術ができていない可能性が高いです。

どんな痛みでもそうなのですが、原因を無くす、または原因があるとしてもそれに打ち勝つ身体を手に入れなければ痛みの無い暮らしを手に入れる事は出来ません。回復しない方、繰り返す方は、専門家に相談し原因を見つけてもらい、そして自分に最も合ったプランを立ててもらう事が一番の近道だと思います。

 

腰痛でお悩みの方は、なるべく早く近くの専門家へのご相談をおすすめします。

 

腰痛、筋筋膜性腰痛でお悩みの方は

藤田鍼灸整骨院 にぜひご相談ください!

06-6698-4568

 

参考文献

糟谷 俊彦『筋・筋膜性腰痛に対する鍼灸治療の一症例』全日本鍼灸学会雑誌 39巻3号,346-349

 

浜西 千秋(2007)『腰痛性疾患にみられる「コルセット筋」の 筋力低下と簡便な座位トレーニング』日本腰痛会誌 13巻 1号,52-57

 

井上 隆文・中道 哲朗・山口 剛司(2009)『右立脚期に右腰背筋の疼痛を認めた筋・筋膜性腰痛症患者の一症例-右内腹斜筋の筋活動パターンに着目して-

』関西理学療法 9巻,151-159

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間