骨盤裂離(剥離)骨折ー上前腸骨棘裂離(剥離)骨折、下前腸骨棘裂離(剥離)骨折、坐骨結節裂離(剥離)骨折、骨折股関節前面やお尻の痛み

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>https://shinkyuuseikotsu.com

骨盤剥離骨折・骨盤裂離骨折(上前腸骨棘剥離骨折・上前腸骨棘裂離骨折、下前腸骨棘剥離骨折・下前腸骨棘裂離骨折、坐骨結節剥離骨折・坐骨結節裂離骨折、成長期のスポーツ障害、突然の股関節前面やお尻の痛み、ジンジンと続く痛みなど

 

骨盤の剥離骨折(裂離骨折)について

 

骨盤には太ももや腰、腹部の筋肉が付いているいくつかの突起があり、その中に太ももの筋肉が付く上前腸骨棘、下前腸骨棘、坐骨結節と呼ばれる突起があります。

骨盤部の名称、上前腸骨棘、下前腸骨棘、坐骨結節|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

骨盤部の名称(上前腸骨棘・下前腸骨棘・坐骨結節)

 

これらの突起の根元は、成長期には成長軟骨という骨が成長していくための軟骨組織になっており、そのために成長期の突起部は筋力による引っ張りに対しての強度が十分ではありません。

これらの理由から急激な筋肉の収縮により、骨盤の突起部が引き剥がされるような形で骨折を起こすことがあり、このような骨折は剥離骨折または裂離骨折と呼ばれます。

 

骨盤部裂離骨折の特徴

 

骨盤の外傷は、スポーツにおいて発生する外傷としては1~3%と少なく、発生する年齢は10歳代がほとんどです。

そして、骨盤に発生する外傷の中でも骨折は、ほとんどの場合裂離骨折となります。

骨盤部の剥離骨折は10歳代での発症が多くを占め、発生頻度では上前腸骨棘での剥離骨折が最も多く、次に下前腸骨棘、そして坐骨結節の順に発生しやすくなっています。

また性別では男性に多く、左右差では利き足側によく起こります。

 

上前腸骨棘剥離骨折

 

上前腸骨棘には、股関節を前に曲げたり膝関節を伸ばししたりする大腿筋膜張筋と、股関節を曲げたり膝が外側に向くように捻ったり、膝関節を曲げる動作をする縫工筋が付いています。

上前腸骨棘裂離骨折・上前腸骨棘剥離骨折―上前腸骨棘と大腿筋膜張筋|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

上前腸骨棘裂離骨折―上前腸骨棘と大腿筋膜張筋

 

上前腸骨棘裂離骨折・上前腸骨棘剥離骨折―上前腸骨棘と縫工筋

上前腸骨棘裂離骨折―上前腸骨棘と縫工筋

 

上前腸骨棘の裂離骨折は、股関節を伸ばした状態から急激に前に曲げ、さらに膝も曲げる動作を行う疾走中に多く発生し、特にスタートダッシュ時やゴール前での加速時に多いのですがジャンプやキックをする時にも起こります。

上前腸骨棘剥離骨折が発生すると股関節周辺に激痛が出現し転倒、歩行不能となることが多く、骨盤の前面外側にある上前腸骨棘部には腫脹や圧痛が見られ、時には皮下出血もみられます。

好発年齢は14~16歳です。

 

下前腸骨棘剥離骨折

 

下前腸骨棘には、股関節を曲げたり膝関節を伸ばしたりする大腿直筋が付いています。

下前腸骨棘裂離骨折・下前腸骨棘剥離骨折―下前腸骨棘と大腿直筋

下前腸骨棘裂離骨折―下前腸骨棘と大腿直筋

 

下前腸骨棘裂離骨折は、膝関節を曲げ、股関節の後ろに反らせた状態から、股関節と膝を前へと振り出した時に起こります。

動作としてはボールをキックした時や疾走中に多く、そのためにサッカーやラグビー、陸上競技などでよく見られます。

下前腸骨棘剥離骨折発生時には股関節前面に激痛が出現し、転倒または歩行不能になることが多く、下前腸骨棘部に腫脹が見られます。

好発年齢は、13~15歳です。

 

坐骨結節剥離骨折

 

坐骨結節には、股関節を後ろに引く動作(伸展)や膝関節を曲げるハムストリングス(大腿二頭筋長頭・半腱様筋・半膜様筋)が付いています。

坐骨結節裂離骨折―坐骨結節と半腱様筋、大腿二頭筋、半膜様筋|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

坐骨結節裂離骨折―坐骨結節と半腱様筋、大腿二頭筋、半膜様筋

 

坐骨結節裂離骨折・坐骨結節剥離骨折―坐骨結節と半膜様筋

坐骨結節裂離骨折―坐骨結節と半膜様筋

 

坐骨結節剥離骨折は、キックやハードル跳躍、スライディング時のように、足を前に振り出す動作により、太ももの裏の筋肉が伸ばされ、それにより筋肉が付いている坐骨結節が引っ張られた場合。または疾走やジャンプ、スタートダッシュ時に発生する筋肉が収縮する力で引っ張られた場合などでよく起こります。

競技としては、陸上競技(短距離走)や野球、ラグビーなどでよくみられます。

好発年齢は、14~16歳です。

 

骨盤剥離骨折発生から回復まで

 

もし骨盤剥離骨折が発生しても、そのほとんどは手術の必要がなく保存療法にて回復させていきます。

剥離骨折を起こした場所により安静時の姿位は変わりますが、痛みが軽減してきたら松葉杖を使うことで患部に体重をかけずに歩行を行い、さらに良くなれば徐々に患部へ体重をかける形での歩行を増やしていきます。

また、回復の程度に合わせて、可動域訓練やストレッチも行っていきます。

しかし、スポーツへの完全復帰は完全に骨癒合が終わってからでないと再発してしまうこともあるので慎重に行う必要があります。

 

当院では

 

裂離骨折を疑う場合、レントゲンやCTによる画像はもちろんなのですが、先ずは、どのように足を動かせば痛むのか?痛めた足に体重をかけることで痛みは増すのか?どの部位を押すことで痛みが出るのかなどの検査を念入りに行います。

特に足の動きによる痛みの出かた(運動痛)と患部を正確に押すことにより感じる痛み(圧痛)を詳しく見ていきます。

私が運動痛と圧痛を重要視するのは、裂離骨折は筋肉や靭帯の牽引力により発生する骨折だからです。

裂離骨折の場合、筋肉が付いている部分の骨を引きはがすこととなった筋肉に力を入れたり、その筋肉をストレッチにより伸ばしたりすることで、再び牽引力を発生させると痛みが再現され患部を特定しやすいからです。

単純な検査なのですが圧痛を見るのは、患部を正確に押すことさえ出来れば、痛めた個所はハッキリとしますし、腫れや、時には骨の隆起の感触を得ることが出来ます。

さらに圧痛は、痛みの程度を毎回10段階評価で確認しておけば回復の程度を計ることもできます。

当院で経験した下前腸骨棘の裂離骨折が治癒間際で再発した患者さまの場合も、先に回復の程度を圧痛や日常生活での痛みの出かたで判断し、回復の程度を予想し、患者さまにお伝えして、その後医療機関にてCT検査を行ないドクターの判断をしていただいたところ、圧痛での判断と画像での回復の程度はほぼ一致していました。

骨盤剥離骨折は、スポーツによる発症がほとんどです。

肉離れと間違われてしまうこともありますが、突然股関節前面やお尻に激痛が走ったり、なかなか痛みが取れなかったりする場合などは骨盤剥離骨折である可能性もあります。

股関節前面やお尻の激痛、長引く痛みなどでお悩みの方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

>>https://shinkyuuseikotsu.com

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

 

熊澤 雅樹・横江 清司・亀山 泰・井戸田 仁・鬼頭 満(2015)『当施設における骨盤裂離骨折の臨床的特徴』スポーツ医・科学 Vol,26 1-4

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間