有痛性分裂膝蓋骨―膝のお皿の痛み

思春期の子供のスポーツ障害:有痛性分裂膝蓋骨の治療と術後のリハビリは大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

有痛性分裂膝蓋骨とは、スポーツをされている思春期の子供に多くみられる疾患で、膝のお皿の部分に痛みを訴えます。

 

レントゲン写真でみると膝蓋骨が二つ以上に分裂して見えます。ただし分裂しているからといって必ず痛いというわけではありません。痛みが出ていなければ分裂膝蓋骨と言ってとくに問題とはしません。

 

膝を伸ばす筋肉を激しく使う運動によって分裂部分が繰り返し引っ張られたり、分裂部分を強く打つようなことがあると痛みが発生し、有痛性分裂膝蓋骨となるわけです。

 

この病気の原因にはいろいろな説がありますが、成長期に激しいスポーツを続けていると、膝を伸ばす筋肉(特に外側の外側広筋)や腸脛靭帯によって繰り返し引っ張られることにより膝蓋骨が割れるのではないかと言われています。

 

回復にあたっては、ストレッチで筋肉の緊張を緩和したり、運動の休止などで患部への負担を軽減していきます。

成長期であれば、骨の形成力も強いので早期に発見できれば、保存療法にて骨の癒合がみられる場合もあります。

まれに膝蓋骨骨折と間違われる事もあるようなので、しっかりと受傷機転や腫れ、介達痛などの観察を怠らずに見る事が大切です。

 

大阪市 住吉区 長居 4-5-18

藤田 鍼灸 整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居西3丁目1-33
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間