後縦靭帯骨化症(OPLL)ー手足のしびれや痛み・歩行障害・運動障害

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

後縦靭帯骨化症(OPLL):四肢のしびれや痛み、手の巧緻運動障害、歩行障害、膀胱直腸障害、背骨の動きが悪い、身体が硬くなった、背筋にコリや痛みを感じるなど

 

後縦靭帯とは

 

頚部脊柱管と脊髄|藤田鍼灸整骨院

頚部脊柱管と脊髄

脊椎は椎骨が重なることで作られ、その脊椎には脊柱管という脊髄を通す管が頭の付け根から腰の下まで通っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

頚部椎間板、椎間関節、靭帯|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

頚部の靭帯と椎間関節、椎間板

後縦靭帯とは、椎骨の椎体側から見ると椎体後面、脊柱管の中から見ると脊柱管前面の位置にあり、上は軸椎から、下は仙骨まで、すべての椎体後面を繋ぎ止める強靭な靭帯です。

 

また、後縦靭帯は顔が下を向くときの首の動きを制限し、その動く範囲を決めているのですが、ある程度のゆとりをもって椎体後面を繋ぎ止めているために、脊椎の安定性とともに適度な動きを許容しています。

 

後縦靭帯は、脊椎に付いているのですが、椎体部分よりも椎間板と密着しています。

 

 

 

 

後縦靭帯骨化症(OPLL)とは

 

後縦靭帯骨化症は、その脊柱管内の内部を通る後縦靭帯が骨の様になってしまう疾患です。

後縦靭帯が分厚くなって骨のように硬くなってしまうと、その広さが決まっている脊柱管内は狭くなりスペースがなくなることで脊髄が圧迫され、脊髄症状を引き起こすことがあるのです。

頚椎断面上部から見た脊柱管と脊髄|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

頚椎断面上部から見た脊柱管と脊髄

後縦靭帯が脊髄を圧迫|藤田鍼灸整骨院

後縦靭帯が脊髄を圧迫

 

また、骨化が脊椎のどの部位で起こるかにより、それぞれ頚椎後縦靱帯骨化症、胸椎後縦靱帯骨化症、腰椎後縦靱帯骨化症と呼ばれます。

 

後縦靭帯骨化症の日本での発生頻度は2~4%で、男女の比率は2対1で男性における発生頻度が高く、中年以降の50歳前後で発症することが多いと言われています。

 

後縦靭帯骨化症の分類、連続型、分節型、混合型、限局型|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

後縦靭帯骨化症の分類、連続型、分節型、混合型、限局型

後縦靭帯骨化症は、連続型、分節型、混合型、限局型に分けられていて、連続型と混合型は骨化が進みやすく、分節型と連続型は骨化が進みにくい傾向にあります。

 

また、後縦靭帯の骨化により狭くなった脊柱管のスペースが6mm以下では脊髄症になりやすく、14mm以上では脊髄症になりにくいようです。

その間のスペースが6mm~14mmのケースは、脊椎の動きが大きいと悪化しやすくなります。

 

 

 

後縦靭帯骨化症(OPLL)の原因

 

後縦靭帯骨化症のはっきりとした原因は現在のところ不明ですが、なんらかの遺伝的関与があると考えられており、糖尿病や代謝異常、成長ホルモンは後縦靭帯骨化症の発生に関与しているのではないかと言われています。

また、頚椎への機械的刺激も後縦靭帯骨化症の発生や進展に関与する可能性があるといわれています。

 

後縦靭帯骨化症は、骨化があるからと言って必ずしも症状が発現するわけではなく、症状が発現するのは約半数であるといわれています。

 

 

 

後縦靭帯骨化症(OPLL)になると

 

頚椎後縦靭帯骨化症(OPLL)になると、はじめは首筋や肩甲骨周辺、指先の痛みやしびれを感じることが多いです。

 

さらに症状が進行すると、次第に痛みやしびれの範囲が広がり、脚のしびれや感覚障害、足が思うように動かないなどの運動障害、両手の細かい作業がしづらくなる手指の巧緻運動障害などが出現します。

 

そして、もっと重症になると、立ったり歩いたりすることが困難となったり、排尿排便障害が出現したり、一人での日常生活が難しくなることもあります。

 

また、頚椎での脊髄症状は、頚椎の形状や可動域の違いなどにより、上位頚椎より下位頚椎の方が起こりやすいです。

 

胸椎後縦靭帯骨化症の場合の初期症状は、体幹や下半身に症状が出ますが、なかでも下肢の脱力や、しびれを感じることが多くなります。

 

重症になると歩行困難や排尿排便障害が出現することもあります。

 

 

 

後縦靭帯骨化症(OPLL)疑う場合

 

触った感覚や筋力、腱反射などを調べ、疑わしい場合はレントゲン、CT、MRIなどの画像にて確認し判断します。

 

後縦靭帯骨化症の治療の原則は、骨化によって圧迫されている神経を保護することを目的とした保存療法になります。

 

頚椎の場合は、頚椎牽引療法・頚部カラーによる固定(頚椎のコルセット)・頚部の筋肉をほぐすなどを行いますが、症状が悪化することもあるので充分な観察のもとに行う必要があります。特に後縦靭帯の骨化がある場合は、首に強い力を加える治療はとても危険です。

 

痛みやしびれが強い場合には、筋弛緩剤や消炎鎮痛剤、ビタミンB剤などの内服により自覚症状の軽減が得られることもあります。

 

しかし、保存療法で症状の軽快がみられず脊髄症状が進行する場合や、脊柱管の狭窄が強い場合などは手術療法を行います。

 

この病気の進み方は患者さんにより様々で、軽いしびれや鈍痛で長年過ごせる方や、数ヶ月から数年の経過で手足の動作が強く障害される方もいますので、経過をよくみて慎重に判断しながら治療を選択していくことが必要です。

 

また、軽微な外傷により四肢麻痺を起こし、その麻痺が急激に増悪することもあるので運動を選ぶ時や、治療を選ぶ時は注意が必要になります。

 

後縦靭帯骨化症の手術後のリハビリや手足のしびれ、運動障害などのご相談はぜひ当院まで!

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

 

『頚椎脊柱靭帯骨化症』最新整形外科学大系 頚椎・胸椎 第1版,292-296,株式会社 中山書店

 

『頚椎後縦靭帯骨化症』プラクティカルマニュアル 肩疾患保存療法 第1版,65-67,金原出版株式会社

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間