変形性膝関節症・膝OA-階段や歩きはじめの膝の痛み

膝の痛み、階段で膝が痛む、膝の痛みで正座が出来ない、立ち上がりで膝が痛む、動きはじめに膝が痛い、膝が変形してきたなど、変形性膝関節症のご相談はぜひ大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へ!

 

変形性膝関節症は、中年から高齢の女性に多くみられ、関節の骨を覆う関節軟骨が、すり減ることから始まります。

そして軟骨のすり減りが進行すると、骨自体が露出してこすれ合うため骨の変形も始まってしまい変形性膝関節症となります。

 

初期には平地での歩行は大丈夫なことが多いのですが、正座した時の痛み、階段の上り下りでの痛み、長い距離を歩いた時に痛む、あるいは立ち上がる時の痛みなどを感じます。

進行すると歩いても痛くなったり、膝が伸びなくなったり正座が出来なくなったりなど日常の生活にも支障をきたします。そしてO脚となることが多いです。

 

原因としましては、肥満や加齢、筋力の低下、膝の不安定性、過去の大けがなどにより過剰な力が関節に掛かることなどが考えられます。

 

また、膝の中には潤滑油の役割をする水と言われている関節液が入っています。この関節液は膝の関節を包む関節包の内側にある滑膜と言う部分から分泌と吸収をされ常に循環していています。

 

よく「水が溜まった」と言われる状態は、関節内を痛めたり軟骨がすり減ったりするとすり減った軟骨のカスが滑膜に付着します。すると滑膜がカスの付着により炎症反応(免疫反応)を起こすことで滑膜中の毛細血管から血漿が漏れ出して水腫が溜まるという状態になるのです。

 

つまり「水が溜まる」という状態は、主に滑膜の炎症が原因のため、膝に関節液が溜まらないようにするためには滑膜に炎症を起こさないこと。

 

滑膜に炎症を起こさないためには、膝の軟骨をそれ以上削れない状態にして削れによる「カス」を出さないようにすることが必要なのです。

 

膝の軟骨が削れていく状態を削れない状態にすることを何もしないから、何度水を抜いても水が溜まる状態、いわゆる、「水を抜いたら癖になる」ということになるわけです。

 

つまり、「水を抜いたから癖になる」のではなく、関節液が溜まる原因がを解決させていないからすぐに溜まるわけです。

 

変形性膝関節症の治療には、手術以外の方法と、手術による治療に分けることができます。手術以外の治療としては、筋肉に関節を助けてもらえるようにするための施術や運動療法(筋トレやストレッチなど)、炎症や痛みを抑えるための薬などを併用して行います。

 

膝の変形と痛みでお困りの方は多いと思います。あきらめている方も多いかもしれません。

しかし、変形=痛みではなく変形していても痛みの無い方はいらっしゃいます。

 

膝の痛んでいる部分を回復させ、変形した関節でも痛みが出ない状態にするためには、関節を守ってくれる筋肉の調整や強化、体重のコントロールなどの関節の負荷を減らすためのあらゆる手段を行うことで関節を守れる状態を作る必要があります。この状況を如何にして作るかがこの施術で一番大切なことです。

 

膝の痛みはあきらめずに根気よく、やるべき事を正しく実行すること大切です。

正しく少ししんどい方向から、楽そうな、簡単そうな解決方法に流れるほど、膝の回復は難しくなります。少しの努力を避けるような簡単な誘惑に負けないでください。

 

ただし運動に関しては、痛みの強い間の運動はかえって逆効果の時もあります。

運動は行う時期、行う量、運動方法などをきっちりと行うことが大切で、運動はやり方によっては薬にも毒にもなります。よって専門家のアドバイスを受けることは必須です。

 

また、変形性膝関節症の方に当院では、EMSという機械を使って筋力強化や筋力低下の予防を薦めています。

昔から電気で筋肉を動かすことで筋力低下を防ぐことができると言われていたのですが、EMSは筋力を強くすると言う文献もありますから大いに期待できます。

動けない時期にEMSで筋力低下を防ぎ、運動が出来る様になっても併用することでより効率よく鍛えて行く事は、変形性膝関節症においてとても意味のあることになると思います。

 

しんどい部分もありますが、痛みで動けなくなった時のご自身の辛さと、いつまでも自分の足で歩けて好きなことが出来ることを想像しながら、それをやる気に変えることで頑張って頂きたいと思います。

手術をしないための努力のお手伝いは当院にお任せください!

 

大阪市住吉区長居

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

立花 陽明(2005)『変形性膝関節症の診断と治療』理学療法学 20巻3号 235-240

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間