ギオン管症候群ー手のしびれ

ギオン管症候群:手の小指側がしびれる、手の細かい動きが上手く出来なくなる、手の筋肉がやせてきたなどのご相談と治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にお任せください!

 

小指や薬指の小指側半分がしびれたり、手の筋肉がやせてきたりする疾患にギオン菅症候群があります。

ギオン菅症候群は尺骨神経の障害ですが、同じ尺骨神経の障害でも肘部管症候群という疾患は、肘の部分で障害されるのですが、ギオン管症候群は手のひらの付け根部分での尺骨神経の障害ということになります。また頚部から肩にかけての範囲で神経や血管が障害される胸郭出口症候群(TOS)も上肢や手部の尺側側にシビレが生じることが多いので見極めが必要です。(上肢の神経障害には頚椎症性神経根炎や頚椎症性脊髄症などもありますが、丁寧な観察により見極めはほぼ可能のはずです)

 

手首の手のひら側の小指よりにある豆状骨と有鈎骨という小さな骨と、この二つを繋ぐ豆鈎靭帯によってギオン管は形成されます。

 

このギオン管の中を、尺骨神経と、尺骨動静脈が通っています。

場所でいうと、手を着いて字を書いたり、マウスを使ったりするときに机やテーブルに当たるところです。

 

症状としては、しびれや感覚の低下、手の細かい作業が出来なくなる(巧緻運動障害)、鉤爪変形(手内筋委縮)などがあります。

また、しびれる範囲は肘部管症候群よりも小さく、手のひら半分より指先になります。

 

原因としては、ギオン管周辺組織の老化などによる変性や腫瘍(ガングリオン、神経鞘腫、脂肪腫など)、骨折などの外傷、手首の使い過ぎやギオン管への直接的な負荷によるものなどです。

 

治療に関しては、回復が見込めるものには保存療法が適応されます。

しかし、3ヶ月ほど経過をみて回復しない場合には手術療法も考えなくてはいけません。

 

近年、パソコンが日常的に使われるようになり、それに伴いマウスを使う機会が増えています。

そうなるとギオン管への外部からの負荷が増え、尺骨神経を圧迫してしまう事にもつながります。

特に外傷や手首を使いすぎたという自覚がなくても、これからは増えてくる可能性がある疾患だと思います。

 

手のしびれに関しては原因となるものが色々あります。

原因を特定しないことには回復は望めませんので、気になられる方はなるべく早くに、しびれについて詳しい専門家へご相談されることをおすすめします。

 

参考文献

小原 賢司・牧内 大輔・三原 研一・鈴木 一秀・西中 直也・上原 大志・筒井廣明(2012)『尺骨神経に生じた血腫によるGuyon管症候群の1例』昭和医会紙 第72巻1号,138-143

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居西3丁目1-33
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間