鵞足炎-膝内側の痛み

膝の痛み、膝の内側の痛み、走ると痛いなど鵞足炎の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にお任せください!

鵞足炎についての新しいブログはこちらへ!>>鵞足炎(がそくえん)・鵞足滑液包炎ー膝内側の痛み・運動による膝の痛み

鵞足とは、太ももにある筋肉の縫工筋・薄筋・半腱様筋の3つが合わさって出来た腱が膝の内側やや下のところ(脛骨内側)につく部分です。その付いている部分が鵞鳥(ガチョウ)の足に似ている事から鵞足と呼ばれているようです。

 

3つの筋肉が合わさって出来た腱は、骨とこすれ合うところには滑液包とよばれるクッションが存在して摩擦から守ってくれています。

しかし、その腱の付着部に繰り返しの張力が働くと、付着部に炎症を起こしたり、周辺にある滑液包が炎症を起こしたりして鵞足炎と言われる状態になります。

 

症状としては、患部の圧痛や運動時における痛みです。

 

鵞足炎は、ランニングなどの膝の屈伸運動を繰り返すスポーツをされている方に多くみられます。

また、X脚の方や身体が硬い(筋肉が硬くなっている)方なども、鵞足が骨とこすれやすくなっているために発症しやすいです。

 

治療としては、安静を基本としてテーピングやストレッチ、運動後のアイシングを行います。

足底板(インソール)を上手く併用することで痛みをより緩解させることも可能です。

使いすぎ(オーバーユース)により発症する疾患なので、正しく対処していけば大半は回復していきます。

 

しかしどの様な運動障害も、治療はもちろん休息期間やトレーニングの開始時期、より良い装具の選択など、その時の状態に合わせた対処をすることが重要です。

治療を選ぶ時は、そのスポーツを継続する重要性と将来のことも考えた選択をして頂きたいと思います。

 

膝の痛み、スポーツ障害でお悩みの方は

藤田鍼灸整骨院にぜひご相談ください!

06-6698-4568

 

参考文献

林 優,赤羽根 良和,近藤 照美,笠井 勉,林 典雄(2007)『スポーツ選手における鵞足炎の臨床的特徴と我々の運動療法成績についての検討』.第23回東海北陸理学療法学術大会

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間