頚椎症性神経根症・頚椎症性神経根炎-腕や背中の痛みやしびれ

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>http://shinkyuuseikotsu.com/

頚椎症性神経根症・頚椎症性神経根炎:首の痛み、首から肩、腕、手にかけての痛みやしびれなど

 

頚椎は

 

首を構成する骨である椎骨は全部で7つあるのですが、その7つの椎骨すべてが上下に連結をして関節となると頚椎になり、頚椎は頭蓋骨を支えながら首を前後左右に曲げ伸ばししたり、左右に捻ったり出来る様になっています。

頚椎は上から順番に第一頚椎、第二頚椎と名付けられ、各頚椎間にには椎間板と呼ばれる軟骨は頚椎のクッションがあり、椎間板は頚椎を上下につなぐ役割もしています。

そして頚椎には脊柱管と呼ばれる上下に走るトンネルがあり、その中を頚髄とよばれる神経幹が通っていて、脳から送られる体幹や上肢、下肢などへの指令や、脳へ行く上肢や下肢から受け取った情報のすべては、この頚髄を通っています。

 

その頚髄からは、上肢や背中を支配する頚神経が出ていて、頚髄(脊髄)から出る頚神経の根元部分は神経根と呼ばれます。

この神経根は、頚椎の両側にある椎間孔というトンネルを通って脊髄から頚椎の外へと出て行きます。

 

 

頚椎症性神経根症(頚椎症性神経根炎)とは

 

頚椎症性神経根症とは、椎間孔を出た神経根が何らかの原因により障害されることで起こる疾患です。

40歳~50歳での発症が多くみられ、障害される神経はC7が一番多く、あとはC6,C8、C5の順番となります。

 

 

頚椎症性神経根症(頚椎症性神経根炎)の原因としては

 

頚椎症性神経根症の原因としては、加齢(主に40歳代以降)による椎間板の変性や頚椎の変形により、椎間孔が狭くなることです。それにより神経が障害され神経根が炎症を起こすのです。

 

首の神経が障害される理由としては

・加齢とともに軟骨が減ってその隙間が狭くなる

・椎間板ヘルニアによる障害

・後縦靭帯骨化症による障害

・頚椎の椎体のルシュカ関節(luschka radiculopathy)後方に骨の棘のようなものが出来る

などがあり、これらの椎間孔が狭くなる要因に加えて頚椎の動きや頭の重さが頚椎にかかることなどによって神経根に刺激が加わり、炎症を起こすと言われています。

 

 

頚椎症性神経根症(頚椎症性神経根炎)になると

 

頚椎症性神経根症(頚椎症性神経根炎)になると、以下のような特徴が出ます。

・首や項部、肩甲骨の周囲や上肢への痛み

・障害された神経が支配する場所の感覚が鈍くなる

・特に斜め後ろに首を倒すと出る痛み

・手のしびれ

・午後から夕方にかけて痛みが強くなる

・逆に首を斜め前に倒し痛い方の手を上げると痛みが和らぐなど

 

 

また、痛み、筋力低下、しびれ、知覚低下が現れる場所は、障害される神経根により異なります。

 

・C2

痛みの出る場所:後頭部、側頭部

 

・C3(C2,C3の間から出る神経)

痛みの出る場所:後頭部、目の奥、耳の後ろ

 

・C4(C3,C4の間から出る神経)

痛みの出る場所:項部・肩甲骨上部

 

・C5(C4,C5の間から出る神経)

痛みの出る場所:肩甲骨上部・上腕外側

力が入れにくくなる場所と向き:手を下にまっすぐに伸ばした状態から体の横方向に腕を上げて行くのがし辛い

 

・C6(C5,C6の間から出る神経)

痛みの出る場所:肩甲骨上部、上肢外側

力が入れにくくなる場所と向き:肘を曲げにくい、手首を返しにくい

しびれたり感覚が鈍くなる場所:親指や人差し指がしびれたり感覚が鈍くなる

 

・C7(C6,C7の間から出る神経)

痛みの出る場所:肩甲骨の間、肩甲骨部、上肢の後ろ

力が入れにくくなる場所と向き:肘を伸ばしにくい、手首を曲げにくい

しびれたり感覚が鈍くなる場所:中指がしびれたり感覚が鈍くなる

 

・C8(C7,Th1の間から出る神経)

痛みの出る場所:肩甲骨の間、肩甲骨部、上肢の内側

力が入れにくくなる場所と向き:指を曲げにくい

しびれたり感覚が鈍くなる場所:薬指や小指がしびれたり感覚が鈍くなる

 

 

頚椎症性神経根症(頚椎症性神経根炎)が疑われるときは

 

問診や徒手検査法をもとに判断し、場合によってはレントゲンやMRIなどの画像診断も行います。

 

 

頚椎症性神経根症(頚椎症性神経根炎)を回復させるには

 

頚椎症性神経根症(頚椎症性神経根炎)を回復させるには、保存療法にて神経根の炎症が落ち着くのを待ちます。

保存療法としては、安静の時期や動かしても良い動き悪い動き、仕事の取り組み方など必要な生活改善を行い、状態によっては頚椎カラーを用いて頚椎への負担を軽減することもあります。

また、頚椎にかかる頭の重さや頚椎の姿勢など、頚椎にかかる負担を減らす様な施術を行うことによりよく回復します。

 

頚椎症性神経根炎は頚髄症や胸郭出口症候群、または手根管症候群や肘部管症候群などの末梢神経障害と間違わないように丁寧に調べる必要があります。

ときにはデカルバン病やテニス肘、五十肩と間違っているケースも見受けられますので注意が必要です。

 

首の痛み、首から肩、腕、手にかけての痛みやしびれ、首を反らすと痛みやしびれが強くなるなど気になる症状がある方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間