踵骨棘・踵の痛み

踵の真ん中あたりが痛くなる。踵骨棘、踵の痛みの治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にぜひお任せください!

足の裏のかかと部分の真ん中あたりからやや内側や前方、または踵の後ろのアキレス腱が付くあたりによく痛みが出る。

歩いたり、押さえたり、踵周囲に負担を掛けると痛みが出る。

レントゲンを見てみると踵の骨の下から前方にかけて、または踵の骨の後ろからアキレスけ腱に向かってとげのような骨が出ています。

足底腱膜炎を発症した人にもそのとげはよく見られます。

このとげは踵骨棘と言われています。

しかし、とげが痛みを出すのではないと言われています。

踵の痛みは何らかの原因によって組織が炎症を起こし痛みを出すということです。

確かにとげはそのままでも痛みはなくなるのです。

よって当院では、痛い個所に負担がかかったり靴や地面が当たったりしないように足底版を作って対処しています。

それを付けていれば痛みは無くなる方がほとんどです。

足底版製作は当院にお任せください。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間