足底腱膜炎・足底筋膜炎ー足の裏の痛み

踵の痛み、ランニングや歩き過ぎによる痛み、歩き出しが痛いなど足底腱膜炎・足底筋膜炎の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にお任せください!

足底腱膜炎の最新の記事はこちらへ>>足底腱膜炎・足底筋膜炎-足の裏の痛み・踵の痛み

 

 

足底腱(筋)膜とは、足の指の付け根から踵に向かって膜のように張っている腱組織の事で、そのどこかで炎症が起きたり微小断裂したりして痛みを発します。

 

多くは踵の前あたりで痛みが起こりますが、腱(筋)膜の中央辺りで痛みが生じる場合もあります。

 

好発年齢は40~50歳代以降ですが、若い世代でもスポーツをされている方などによく発症します。

 

発症原因としては、歩行やランニング、ジャンプなどにより繰り返し腱(筋)膜に負荷がかかったり、40歳以降で硬くなった腱(筋)膜が衝撃を緩衝できなくなったりして発症します。

 

特徴的な症状としては歩き始めに痛みが出る、踵の骨の前方内側を押すと痛みを感じるなどがあります。

また、足底腱(筋)膜炎が長期化すると付着部の踵の骨に棘のような突起(骨棘)が出来ることもあります。

 

治療としては、テーピングや足底板などで患部への負担を減らしたり、ストレッチで足底腱(筋)膜を緩めたりしながら回復させていきます。

基本的には保存療法にて大丈夫ですが、中には難治性になる場合もあります。

 

身体を痛めた時は、少しでも早く回復に向けて取り組むことが早期回復につながります。足の裏に痛みを感じた時も痛みを我慢して無理することなくお近くの専門家へご相談ください。

 

足に痛みを感じたら

藤田鍼灸整骨院にご相談ください!

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間