膝の水が溜まるわけ

膝の水は悪者でしょうか?

 

膝の水は、水というより潤滑油です。それが無ければ滑りが悪くなり歩行が困難となる大切なものです。

 

膝に水が溜まるのは、膝の内部にある滑膜などが炎症を起こすからです。

 

炎症が起こるのは、使いすぎて擦れたり、負荷が大きすぎて痛めているからです。

 

炎症があると水は溜まるので、膝の水を抜いても炎症が治まっていなければ、すぐに水は溜まります。

 

この状態が、みなさんがおっしゃる「注射したら癖になる」という状態です。

 

水がパンパンに溜まりすぎると、水を抜いた方が痛みは楽になる事が多いです。

 

膝の水が溜まらないようにするためには

 

水が溜まらない様にするためには、炎症を出ないようにする。

 

炎症を出ないようにするためには、膝の軟骨を擦れない様にしたり、痛めるほどの負荷がかからないようにする必要があります。

 

擦れない様にしたり、負荷を減らすための方法はあります。

 

10年後もしっかりと自分の足で歩くため、膝を痛みの出ない状態に回復させたい方は、ぜひ当院にご相談ください。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間