腸脛靭帯炎・ランナー膝-膝の外側の痛み・走ると膝が痛む

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

腸脛靭帯炎:スポーツによる膝の痛み、膝の外側の痛み、ランナー膝、走ると膝が痛い、オーバーユースなど

 

腸脛靭帯とは

 

腸脛靭帯は、骨盤の上前脛骨棘から大腿筋膜張筋という筋肉として始まり、太ももの外側を真下へと走る途中で腸脛靱帯となり脛骨の上外側に付いています。

腸脛靭帯の働きは、大腿筋膜張筋の作用により膝関節を安定させることです。

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

大腿筋膜張筋と腸脛靭帯

 

 

 

腸脛靭帯炎は

 

腸脛靭帯が、運動により大腿骨外側上顆の骨隆起に擦れることで発現するスポーツ障害です。

別名「ランナー膝」とも呼ばれ、男性で長距離走を行う人に多くみられる『使いすぎ(オーバーユース)症候群』の一つです。

 

 

 

腸脛靭帯炎の発生のメカニズムや要因としては

 

腸脛靭帯は膝を伸ばした状態では大腿骨外側上顆の前方にあるのですが、膝を曲げていくと大腿骨外側上顆を乗り越え、30度屈曲位付近になると大腿骨外側上顆の後方に移動します。

そのために膝の屈伸運動を繰り返すと、腸脛靭帯が大腿外側上顆の骨隆起の上を乗り越え、擦れる回数が多くなることで炎症を起こし痛みが生じます。

腸脛靭帯炎|大阪市住吉長居藤田鍼灸整骨院

腸脛靭帯炎

 

発症の要因としては、ランニングをする時間や距離が長いこと、筋肉の柔軟性の不足(ウオーミングアップ不足)、硬い路面や下り坂、足に合っていない靴、O脚や下肢アライメントの異常など様々なものがあります。

 

 

 

症状としては

 

押さえると出る膝の外側の痛みや運動により膝の外側に痛みが出ます。

 

 

 

腸脛靭帯炎の特徴

 

腸脛靭帯炎の特徴として初期は、長距離を走ったあとに痛みが発生しますが、安静にしていると痛みはなくなります。

進行すると膝の屈伸のみでも疼痛が生じるためにランニングは困難となります。

さらに進行すると、歩行や階段昇降などの動作でも疼痛が出るようになり、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

 

 

腸脛靭帯炎を疑うとき

 

膝外側の痛み、運動痛など症状の確認により行われます。

腸脛靭帯部を押さえていくことで痛みが出るかを確認し、それを左右の足で比べます。

両側に出ていることもありますが、腸脛靭帯炎であれば、健康な反対側の足に比べて痛みが強いはずです。

疼痛の誘発テストとしては、膝の関節を直角に曲げた状態から腸脛靭帯を圧迫し、そこから膝関節を伸ばしていく時に腸脛靭帯部に痛みが生じるかを確認します。圧迫を加えることで腸脛靭帯が骨隆起にさらに擦れることになり痛みが増しやすいためです。

 

 

 

治療としては

 

痛みが強い時は安静が基本となり、アイシングや消炎鎮痛などで炎症を抑えます。

痛みが治まってきたら、筋肉のストレッチや状態をみながらの筋力トレーニングなどを行います。

また、O脚や下肢のアライメントのチェック、足に合っていない靴の改善なども行っていきます。

 

 

 

当院では

 

しっかりとアイシングを行い、低周波や干渉波、高周波などの器具を用いて、先ずは炎症をしっかりと抑えます。

手技としては股関節周囲や膝周囲にある筋肉をゆるめること、適切なストレッチの指導、状態をみながらの筋力トレーニングなどを行います。

鍼灸治療が可能な方は鍼灸治療を行うこともあります。

また、O脚やアライメントに異常がある場合などは、足底板(インソール)も用います。

 

 

腸脛靭帯炎は使いすぎ(オーバーユース)による障害ですので、スポーツを続けるためには時に思い切った休息も必要です。

行うスポーツの予定をしっかりと考えながら、ご自身の足の状態に必要な施術やトレーニングを行うなど、その方にとってのベストなスケジュールを組むことが必要です。

 

腸脛靭帯炎などのスポーツ障害は、ぜひ当院にご相談ください!

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間