腰椎椎間板ヘルニアー腰の痛み・足の痛みとしびれ

腰の痛み、足のしびれ、足の痛みなど、腰椎椎間板ヘルニアの治療と対策は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

ヘルニアとは、「脱出」という意味合いの言葉で、椎間板ヘルニアとは椎間板の中にある髄核と呼ばれるものが飛び出した状態の事です。

この飛び出した髄核が神経を圧迫してしまうことがあります。

神経を圧迫してしまうと、激しい腰痛と片側の下肢の痛みやしびれ(坐骨神経痛)が生じます。

 

椎間板ヘルニアによる下肢の痛みやしびれの部位は、圧迫される神経によって異なります。神経症状が強い場合には、障害されている神経の支配筋に運動麻痺が生じることもあります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの発症原因は、何度も腰に負担のかかることを繰り返すことで、先ず椎間板に水平方向への亀裂が入り、次に垂直方向への亀裂が入ります。そうして痛み、変性した椎間板が、椎間板の外郭を作る繊維輪を押し出す形もしくは突き破って飛び出すことで椎間板ヘルニアとなります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの治療については、進行性の運動麻痺がない場合は、基本的に保存療法を行います。

患部の安静を保ち、患部にかかる負荷を減らすために、腰回りの筋肉の疲労をとることも重要です。

また、回復してきたら、再発を防止するためにも、筋力の強化や、日常生活での負担のかけ方などを見直すのも必要になってきます。

 

椎間板ヘルニアは、学生から50歳代くらいまでの働き盛りで椎間板に水分と弾力がある間に起こる疾患であり、それ以上の年齢になってくると椎間板に弾力や水分が少ないためにヘルニアにはなりにくくなってきます。

ヘルニアにならない事は良い事なのですが、椎間板は腰の骨のクッションであるために弾力が無くなると腰の骨が痛みやすくなってきます。

ですから、ヘルニアにならずに腰の骨の変形を防ぐためには、若いうちから適度な運動により一定の筋力を保ちながら疲労はため過ぎないことが理想になってきます。

運動はする。

疲労は溜めない。

これは簡単そうで難しいのですが、そのためには痛みと疲労を意識して、危ない時には専門家の手を借りる事も大切だと思います。

本当の体の理屈を知っている専門家の手を借りて、適度な負担の中で暮らす大切さを知る事がいつまでも元気で若々しく暮らせる唯一の方法です。

 

腰椎椎間板ヘルニアdお悩みの方や、いつまでも元気でいたいと思う方は

藤田鍼灸整骨院にご相談ください!

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間