腰椎すべり症・腰椎分離すべり症ー腰痛・歩くと足がだるくなる

住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>http://shinkyuuseikotsu.com/

腰椎すべり症、腰椎分離症(変性すべり症・分離すべり症)腰椎すべり症、腰骨のずれ、腰痛、歩くと足がだるくなる、腰を曲げると楽になる、下肢の痛みやしびれ、長時間歩けないなど

 

腰椎すべり症とは

 

ダルマ落としの様に積み重なった腰の骨が、前後にずれることで様々な症状を引き起こす疾患です。

 

腰の骨の前方には円柱状の椎体があり、上下の椎体は椎間板という軟骨のクッションでつなぎ留められています。

そして腰椎の後方には椎弓という部分があり、その椎弓部分に負荷がかかり椎弓が疲労骨折を起こした状態を分離といいます。

 

腰椎すべり症・分離症ー腰椎分離部|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

腰椎分離部

 

腰椎すべり症は、その分離症が元となり起こるものを「分離すべり症」、上下の椎体を繋ぎ止めている椎間板部分の老化による不安定性が原因で起こるものを「変性すべり症」というように分けられます。

 

 

分離すべり症は

 

分離症が原因となり腰椎がずれた状態となります。

分離すべり症になると、神経が通るところの神経孔や脊髄が通る脊柱管が狭くなり、その部分で神経が圧迫されると、坐骨神経痛や脊柱管狭窄症となり下肢症状が出やすくなります。

坐骨神経痛についてはこちら>>坐骨神経痛―おしりや太もも、ふくらはぎ、足趾の痛みやしびれ

 

腰椎分離症・すべり症ー脊髄の圧迫|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

腰椎分離すべり症による脊髄の圧迫

 

 

変性すべり症は

 

明らかな原因は不明ですが、多くは加齢とともに椎間板や靭帯、腰椎後方部分の関節など、腰椎に安定性をもたらせている組織が変性を起こし、それに伴って腰椎の安定性が失われたことにより発生します。

腰椎すべり症・分離症ー腰椎変性すべり症による脊髄の圧迫|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

腰椎変性すべり症による脊髄の圧迫

 

変性すべり症は第4腰椎によくみられ、中高年の女性に多いという特徴があります。

腰の痛みを訴える方が多く、分離すべり症よりも変性すべり症の方が、すべりが強くなると椎体と椎弓に囲まれている脊髄が圧迫され、腰部脊柱管狭窄症に移行しやすくなります。

 

腰部脊柱管狭窄症になると下肢の神経症状や、長い距離を歩くと痛みやしびれが強くなり、かがんだり休んだりすることで楽になり歩行可能となる間欠性跛行と呼ばれる症状も出てきます。

 

腰部脊柱管狭窄症はさらに状態が悪くなると、安静時の下肢痛や下肢の筋力低下、排尿排便障害などの重篤な状態なることもあります。

腰部脊柱管狭窄症についてはこちらへ!>>腰部脊柱管狭窄症ー両足のしびれや痛み・歩くと両足が痛む

 

 

診断は

 

間欠性跛行の有無や下肢の痛みやしびれ、腱反射や病的反射の確認を行います。腰部の目視や直接触れることで、腰椎が階段状に変形していることも分かります。

 

さらに腰を前後に曲げた状態でレントゲン撮影を行い、腰椎の滑りの状態を確認します。

また、MRIにより神経の圧迫の程度を確認したりします。

 

 

治療は

 

まずは保存療法を行います。

腰への負担を減らすために、コルセットの着用や腰回りの筋肉の緊張をとるための手技を加えたり、血流を良くするために温めたり、バックトラック牽引なども様子を見て行います。

 

そうすることによりまずは、痛みの緩和をはかり、症状が落ち着いてくるようなら、腰回りや骨盤に関係する筋肉の筋力強化やストレッチなどをおこないます。

 

それらの保存療法では結果が出ずに脊髄症状がでてくると、手術適応になる事もありますが、脊髄症状は病院のお薬と施術の併用で良い結果が出ることもありますから、病院とよく相談しながら代替医療を行うこともおすすめです。

ただし、代替医療は治療院によって施術方法がかなり違いますので、事前にある程度の施術計画を聞いてみるのが良いと思います。

>>http://shinkyuuseikotsu.com/

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間