腓腹神経麻痺とチネルサイン(アキレス腱の外側)

アキレス腱外側周囲のしびれや痛み、小趾のしびれや痛み、感覚がにぶい時やチネルサインが出た時など、腓腹神経麻痺の治療はぜひ大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にお任せください!

 

腓腹神経は、膝の裏から通ってきた内側腓腹皮神経と、外側腓腹皮神経がふくらはぎのところで合流して腓腹神経となり、アキレス腱の外側縁近くを小伏在静脈に沿って下行し外くるぶし(外果)と踵骨の間を通ります。

 

走行の途中で、ふくらはぎの外側下1/3ぐらいで皮膚に近いところに出てくるので、圧迫を受けやすい状況下にあります。

また、外くるぶしの下あたりで圧迫を受けることもあります。

 

腓腹神経が圧迫を受けると、アキレス腱の外側周辺から小趾にかけた範囲の中で、しびれや痛み、知覚の異常が生じます。

 

圧迫を受ける原因としては、靴やブーツ、きつめのソックス、テーピングやサポーターなど日常生活の中にあることが多いです。

 

しびれる場所から坐骨神経痛と間違われることもありますが、話をよく伺ったり、Tinel Signと呼ばれる検査法などを用いたりして調べていきます。

(Tinel Sign:チネルサイン=神経の障害部位を叩いた時に神経の障害があれば、その神経の末梢へとビリッと電気が走る様な感覚が出ることがあります。その場合はその場所に神経障害があると判断するテスト。また、神経が回復してくると叩けばビリッと走る部位は末梢へと移動します。それは元の損傷部位からその場所まで神経が回復したことを示します)

 

足にしびれには様々な原因かありますので、原因の特定が出来なければ回復は運任せとなります。

 

アキレス腱の外側周囲から小趾にかけての範囲でしびれを感じられる方は、原因をしっかりと見つけてくれる専門家へご相談ください。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間