肩鎖関節脱臼ー肩関節の痛み

肩鎖関節脱臼の初期対応や術後のリハビリは大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へご相談ください!

肩鎖関節の安静時の痛み、押した時の痛み、運動時の激しい痛みと腫れ、鎖骨が浮き上がっているなど

 

肩鎖関節は、肩の関節の一番外側の上の位置、肩甲骨にある肩峰という部位と鎖骨の外端とで作られた関節です。

この関節は、肩鎖靭帯(肩峰と鎖骨の間)と烏口鎖骨靭帯(烏口突起と鎖骨の間)でつなぎ留められ、さらに三角筋と僧帽筋により安定性が保たれています。

 

肩鎖関節脱臼は、柔道・レスリング・ラグビー・アメフトなどのコンタクトスポーツや、自転車事故、作業中の転倒・転落などで肩の外側を強く打ちつけることにより発症します。

肩鎖関節に強い外力が加わる事により、関節に負荷がかかり靭帯や筋肉が損傷して脱臼が生じるのです。

その多くは、鎖骨が上方へ移動するような脱臼となります。

 

肩鎖関節脱臼は、関節のずれの程度・方向により捻挫、亜脱臼、脱臼に分類されます。(Rockwoodの分類)

 

  • Ⅰ型(捻挫)

肩鎖靱帯の部分的な傷みだけで、烏口鎖骨靱帯、三角筋・僧帽筋は正常でX線では異常はありません。

  • Ⅱ型(亜脱臼)

肩鎖靱帯が断裂し、烏口鎖骨靱帯は部分的に傷んでいますが、三角筋・僧帽筋は正常です。X線では関節の隙間が拡大し鎖骨の端がやや上にずれています。

  • Ⅲ型(脱臼)

肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂しています。三角筋・僧帽筋は鎖骨の端からはずれていることが多いです。X線では鎖骨の端が完全に上にずれています。

  • Ⅳ型(後方脱臼)

肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂しています。三角筋・僧帽筋は鎖骨の端からはずれています。鎖骨の端が後ろにずれている脱臼です。

  • Ⅴ型(高度脱臼)

Ⅲ型の程度の強いものです。肩鎖靱帯、烏口鎖骨靱帯ともに断裂しています。三角筋・僧帽筋は鎖骨の外側1/3より完全にはずれています。

  • Ⅵ型(下方脱臼)

鎖骨の端が下にずれている非常にまれな脱臼です。

 

症状としては、初期の場合どのタイプであっても肩鎖関節の安静時の痛み、肩鎖関節の圧痛、運動時の激しい痛み、腫れなどが見られます。

Ⅲ型になると、見た目にも鎖骨が上方へ浮き上がっているのが分かり、浮き上がっている端を上から押すとピアノの鍵盤のように上下に動きます。(ピアノキーサイン)

 

治療としては、Ⅰ型及びⅡ型では三角巾やテーピングなどの固定による保存療法とリハビリを行います。

Ⅲ型については、年齢や日常生活の違いを考慮した上で、保存療法か手術療法かを選択することになります。

Ⅳ型・Ⅴ型・Ⅵ型の完全脱臼には手術が必要になってきます。

なお肩鎖関節脱臼を受傷してしまったら、治療方法に関わらず回復後は肩周りの筋肉の強化は重要となります。

また、肩鎖関節脱臼は、鎖骨外側端の骨折や腱板損傷などとよく間違われるために見極めが大切です。

 

外傷により肩周辺を痛め、その痛みが強い場合は三角巾で手を吊り、痛みの場所を冷やすなどの応急処置を行い、なるべく早く専門家にご相談ください。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

黒川 正夫・弥永 邦彦・山下 琢・田久保 興徳・玉井 幹人・平沢 泰介(1997)『肩鎖関節脱臼の予後調査-手術療法と保存療法の比較-』肩関節 第21巻3号,437-440

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間