石灰沈着性腱板炎・石灰沈着性腱炎―肩の激痛・肩の強い痛み

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

石灰沈着性腱板炎・石灰沈着性腱炎:急に起こる肩の激痛、突然肩の強い痛み、夜中に肩が痛む(夜間痛)、激痛で肩が動かせないなど

 

肩関節について

 

肩関節は、鎖骨と肩甲骨、上腕骨で作られた関節で、人の関節の中で最も動かせる範囲の広い関節です。
肩関節は、肩甲骨の関節窩と上腕骨頭が関節し、それを腱や靭帯、関節包、筋肉が支える形で作られています。
そして、肩関節を作る腱や靭帯、関節包、筋肉にはゆとりがあるために、その腱や靭帯などが目いっぱい緊張するまでは肩関節を動かすことが出来ます。

肩関節を構成、上腕骨頭、肩甲骨関節窩|藤田鍼灸整骨院

肩関節の構成(上腕骨頭、肩甲骨関節窩)

 

関節包や靭帯が腱板とともに肩関節を安定させる|藤田鍼灸整骨院

関節包や靭帯が腱板とともに肩関節を安定させる

 

 

 

腱板について

 

肩関節周囲には17個の筋肉があります。その中の棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋は腱板と呼ばれています。
腱板は回旋筋と呼ばれ、肩関節を外に捻る外旋、内に捻る内旋、肩関節を真横に上げる外転、それを身体に近づける動きである内転運動を行うことや、肩関節のぐらつきを抑えるための働きをしています。

棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋で腱板は作られます|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

①棘上筋、棘下筋、小円筋、(肩甲下筋)で腱板は作られます

 

棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋で腱板は作られます|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

②(棘上筋、棘下筋、小円筋)肩甲下筋で腱板は作られます

 

 

 

石灰について

 

よく言われる石灰とはアパタイト結晶やリン酸カルシウム結晶のことで、骨の約70%はリン酸カルシウムの一種です。そのリン酸カルシウムは、ハイドロキシアパタイトから出来ているために、石灰はカルシウムやリン酸カルシウム結晶やハイドロキシアパタイト結晶と様々な呼び名になるようです。

 

 

 

石灰沈着性腱板炎について

 

石灰は、最初は濃厚なミルク状ですが時間と共に固まっていきます。
石灰沈着性腱板炎は、その固まったアパタイト結晶が腱板に付いたのち、アパタイト結晶が白血球に食べられたときに炎症を起こしたり、結晶そのものの成分や結晶の硬さにより組織を刺激したりすることで慢性的な痛みを出すものだとされます。

腱板に付いた石灰|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

腱板に付いた石灰

 

 

 

症状

 

石灰沈着性腱板炎のおもな症状は、肩の痛みや運動制限、夜間痛であり、夜間突然に肩の激痛で始まることも多いです。
痛みは石灰が溜まって体積を増していくことにより増してきます。
そして、石灰の成分が腱板から滑液包の下や滑液包内に破れ出ると、痛みは非常に激しくなります。

 

 

 

特徴

 

40~50歳代の女性に多くみられ、左右差はほとんど見られません。

石灰沈着は、棘上筋腱・棘下筋腱・小円筋腱・肩甲下筋腱・上腕二頭筋長頭腱のあらゆる場所に発生しますが、棘上筋腱での石灰沈着が最も多いと言われています。

痛みのため、肩を動かすことが出来なくなりますが、石灰が沈着する場所によって、制限される動きが異なります。

また、石灰沈着性腱板炎は、症状の出かたによって急性型・亜急性型・慢性型に大きく分けられます。

 

  • 急性:強い痛みが長くても4週間、平均約2週間で軽減し、比較的若い人に起こります。
    石灰物質が腱板内から肩峰下滑液包の下や滑液包の中に入り込むことで急性症状が出やすくなります。

 

  • 亜急性:急性よりは軽い中等度の症状が1~6ヶ月ほど続きます。
    亜急性型は石灰の刺激により肩峰下滑液包炎を起こし、そこに急性の炎症を起こす原因が時々加わった状態です。
石灰沈着性腱板炎の急性期型|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

石灰沈着性腱板炎の急性型は、石灰物質が肩峰下滑液包などを刺激する

 

  • 慢性:可動域制限はないが、ペインフルアークサインを伴う運動時痛が6ヶ月以上続きます。
    慢性のものは腱板内にある石灰が肩峰下滑液包を刺激して炎症を起こしたり、石灰が肩峰や烏口肩峰靭帯と上腕骨頭の間に挟まれたりするインピンジメント症候群となった状態です。
    慢性型は比較的高齢の方に多くなります。
石灰沈着性腱板炎の急性期型|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

石灰沈着性腱板炎の急性型は、石灰物質が肩峰下滑液包などを刺激する

 

 

 

石灰沈着性腱板炎を疑うとき

 

患部を押さえてみることや、肩関節を動かした時の痛みの出方、痛みを感じた時の経過や日常生活での腕の使い方などを確認し判断材料とします。また、単なる腱板損傷、上腕二頭筋長頭腱炎などとの見極めも必要です。
何よりも夜中の激痛や、じっとしていてもうずくのかがポイントとなります。

石灰沈着性腱板炎が疑われたらレントゲンで石灰の確認を行います。
CTやエコー、MRIなどで沈着した石灰の位置や大きさ、腱板断裂の併発がないかなどの確認を行う場合もあります。

 

 

 

石灰があると必ず痛むのでしょうか?

 

石灰がたまる原因は不明ですが、石灰が溜まるからと言って必ずしも痛みが出るというわけではありません。
他のことでたまたま撮ったレントゲンを見た時に「石灰ありますね」となることもありますし、激しい痛みが無くなったにもかかわらず、レントゲン上では石灰がまだ残っている場合もあります。
よって石灰沈着性腱板炎の慢性タイプの場合と、石灰があるが今現在の症状とは無関係なので、石灰以外の痛みの原因に対しての施術が必要な場合があります。

 

 

 

石灰沈着性腱板炎になったとき

 

石灰沈着性腱板炎は一定期間を過ぎるとほとんどの場合、痛みは治まりますので、特に急性期は注射で痛みを抑えることがおすすめです。

亜急性の場合や慢性の場合などで、硬く膨らんだ石灰が原因で、強い痛みや肩の動きに支障が大きく出る場合などは、手術で石灰を摘出することもあります。

痛みがある間の過ごし方としては痛みに逆らって動かさないことや、三角巾で腕を吊るなど、痛みの出ない位置に腕を置いて過ごすことが正しい過ごし方です。
四十肩や五十肩と間違い動かしてしまい、悪化させたうえで相談に来られることもよくあります。(四十肩も五十肩も拘縮もない段階で無理に動かすのは良いとは思いませんが)

痛みがとれたら、温熱療法や運動療法(拘縮予防や筋力強化)を行っていきます。

 

石灰沈着性腱板炎は我慢してもあまり意味がありません。石灰沈着性腱板炎を疑った場合は早めに当院へご相談下さい!

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

池田 均・宇田 宙照・福島 充也・塚西 茂昭・信原 克哉(1989)『石灰沈着性腱板炎における肩関節機能障害』肩関節 第13巻2号,205-209

朝倉 透・松浦 恒明・進 訓央・大江 健次郎(2011)『石灰沈着性腱板炎における沈着部位の検討』整形外科と災害外科 第60巻2号,298-302

浜田純一郎(2007)『石灰性腱炎(石灰沈着性関節周囲炎)偽痛風』最新整形外科学大系 第13巻,10章変性疾患,349-353.中山書店

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間