短腓骨筋腱付着部炎-足の外側の痛み

ランニング障害、足の外側の痛みなど短腓骨筋腱付着部炎の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にご相談ください!

短腓骨筋付着部炎についての新しいブログはこちらへ!>>短腓骨筋付着部炎-足の甲の外側の痛み

短腓骨筋腱付着部炎になると、短腓骨筋腱と呼ばれる足を外に払う時に使う筋肉の付着部で炎症が生じて、足の甲の外側に痛みが出ます。

 

陸上競技や走ることの多いスポーツをされている方の練習のしすぎや、履きなれていない靴を履いて足に負担がかかる事により、繰り返される骨と腱の付着部での引っ張り合いによって腱に炎症が生じることが発症のメカニズムとなります。

 

いずれの場合も、しばらく患部を休めることが一番なのですが、なかなかそうとはいかない事も多いので、踵を上げるクッションを入れたり、短腓骨筋が緩まるような手技を行う事ことで回復を目指します。

 

また、スポーツをされている方は、よく似た場所の痛みであっても疲労骨折の場合もありますので、お近くの専門家へのご相談をおすすめします。

 

大阪市 住吉区 長居 4-5-18

藤田 鍼灸 整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間