環軸椎不安定症―首の痛み・手足を使いにくい・感覚がおかしい

環軸椎不安定症:後頭部や後頚部の痛み、上肢の感覚異常、巧緻運動障害、手足のしびれ、ダウン症など

 

環軸椎不安定症とは、7個の骨からなる頸椎の1番目の環椎が2番目の軸椎に対して前方へずれるような不安定な状態のことをいいます。(稀に後方へずれることもあります)

そのなかで、環椎横靭帯の弛緩や軸椎歯突起形成異常などにより、ずれが高度で環椎と軸椎を結合する関節が完全外れてしまうことがあります。このはずれてしまった状態を環軸椎脱臼といい、はずれかかった状態は環軸椎亜脱臼といいます。

この環軸関節の脱臼、亜脱臼にはほとんどの場合基礎疾患があり、ダウン症に頻度が高く、ダウン症患者の10~30%に環軸椎不安定性があるといわれています。

そのほか、慢性関節リウマチ、急性外傷、グリセル症候群、軟骨無形成症(なんこつむけいせいしょう)、歯突起形成不全などに合併します。

 

ずれの程度によっては,頚椎の中を通る脊髄が圧迫・損傷されたりすることがあります。

脊髄は、脳から発信された手足や呼吸運動の動作命令の末梢への伝達や、皮膚などからの感覚を脳へ伝達する働きがあるため、圧迫や損傷により脊髄麻痺症状が出現します。

なお環軸椎不安定症により症状が出る頻度は、文献的には1%程度と言われています。

 

症状としては

  • 運動麻痺が起こると
  • 手足の力が弱くなる
  • 階段が苦手になる
  • びっこを引いく
  • つまずく
  • 転ぶ
  • 歩いていても疲れやすく直ぐ座るようになってしまう
  • スプーンや箸が使えない
  • よく物を落とすようにる

などの症状が出ます。

また、感覚麻痺が起こると触った感じなどの知覚が鈍くなったり、手足がしびれたりします。

ずれが急に悪化した場合は、頚部を痛がる素振りを見せたり、斜頚になったりするので、それにより発覚することも多いです。

さらにひどくなると膀胱直腸障害や、重篤なものでは四肢麻痺や呼吸筋麻痺に至ることもあります。

 

治療としては

頚部の安静を保つことが基本であり頚椎カラーを用いたりします。

保存療法を行っても症状が進行するものについては、手術療法が選択されます。また、頚髄症については治療が早いほどに回復もよいので十分な検査の上、手術を選択することが重要なようです。

また、ダウン症のお子さん達の場合は、自覚症状の聴取が困難な症例が多いことから、症状発現に至っていなくても、レントゲン画像上で明らかに環軸椎不安定性が見られる場合やMRI画像上で環椎部の脊髄萎縮や脊髄内の輝度変化を呈すものには、保存療法ではなく手術療法を提案されることもあります。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間