母趾種子骨障害-足の裏の痛み・母趾の付け根の痛み

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

母趾種子骨障害:足の裏の痛み、足の親指の付け根の痛み、歩行時や荷重時の痛み、ランニング障害など

 

種子骨とは

 

種子骨とは、植物の種子に似た形の手や足の特定の腱や靭帯の中にみられる小さい骨のことです。

種子骨は、関節運動による腱や靭帯と骨の摩擦を軽減したり、腱や靭帯の運動の向きを変えたりする役割を持っていて、大きいものでは膝蓋骨(膝のお皿)も種子骨の一種となります。

そして、足の親指の付け根部分である母趾球にも2つの種子骨があり、その種子骨が何らかの原因で障害を起こした状態は母趾種子骨障害と呼ばれます。

母趾種子骨障害|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

母趾種子骨障害①

母趾種子骨障害|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

母趾種子骨障害②

 

 

 

母趾種子骨障害とは

 

母趾種子骨障害とは、母趾種子骨やその周辺の組織に炎症が起こり、痛みや腫れが生じる疾患です。

時にはその小さな種子骨が骨折したり壊死したりすることもあります。(壊死=骨の細胞が死に衰えていく状態)

 

母趾種子骨障害の特徴としては、小・中学生に多く発生し、大学生以上になると減少していく傾向があります。

 

 

 

母趾種子骨障害の原因としては

 

陸上などの良く走るスポーツ、バスケットボール、空手や剣道など踏み込むことの多いスポーツ、バレエのようにつま先立ちの多いスポーツや同じような条件を有する労働など、強い外力や繰り返しの負荷が種子骨にかかることにより発生します。

 

また、先天的に種子骨が2つに分裂している場合(分裂種子骨)は、それが痛みの原因となったり、足のアーチが高い人、ハイヒールをよく履く人は種子骨障害が発生しやすかったりするようです。

 

 

 

母趾種子骨障害になると

 

種子骨障害になると、歩いたり走ったり踏み込んだ時に、足の親指の付け根(母趾球部)に痛みがあり、その部分を指で押したり、親指を強制的に反らせると痛みが出ます。

悪化してくると足を地面につけただけでも痛みが強くなり、歩行が困難になってきます。

 

 

 

母趾種子骨障害を疑うとき

 

母趾種子骨障害を疑うときは、母趾球部の痛みや腫れ、圧痛や反らせたときの痛みなどを確認します。

レントゲン写真では、分裂種子骨、疲労骨折、無腐性骨壊死などがないか種子骨の状態を確認します。

 

 

 

母趾種子骨障害になってしまったら

 

痛みが強いうちは原因となった運動を制限し、足を安静にします。

また、母趾球部に負荷がかからないようにするため、母趾球部の部分だけをくりぬいたパッド(足底板)を用いたりします。

 

足の裏に筋肉に硬さが見られる場合は、筋肉に手技を加えて筋肉の柔軟性を出していくのも効果的です。

 

当院では、種子骨障害の原因になっているものを探り、原因に合わせた処置を行い、スポーツ面、生活面でのアドバイスも行っております。

 

足に痛みや違和感がある方は、ぜひ当院へご相談ください!

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

 

甲斐 功一・水田 博志・久保田 健治・佐久間 克彦・高木 克公・井上 誠一・大島 隆(1989)『スポーツ選手にみられた母趾種子骨障害』整形外科と災害外科 38巻1号,176-180

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間