母趾種子骨障害-足の裏の母趾の付け根の痛み

足の親指の付け根の痛み、ランニング障害など母趾種子骨障害の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

種子骨とは、足の裏にある小さい骨で、筋肉の力を発揮しやすくしたり、腱の滑りを助けたり、体重の負荷がかかる時にはクッションの役目をしています。

 

この種子骨が繰り返しの負荷を受けて、炎症を起こすのが種子骨障害です。時には種子骨が骨折や、壊死(骨自体が萎縮してしまうこと)をすることもあります。

 

種子骨障害の症状は、歩いたり走ったり踏み込んだ時に、足の親指の付け根(母趾球部)に痛みがあり、その部分を指で押したり、親指を強制的に反らせると痛みが出ます。

症状が強くなってくると、足を地面につけただけでも痛みが強くなり、歩行が困難になってきます。

 

手指骨障害は、陸上やバスケットボールなどよく走るスポーツや、空手や剣道など踏み込むことの多いスポーツ、バレエのようにつま先立ちの多いスポーツなどに多くみられます。

また、靴が変わったりして母趾球部に今までよりも負荷がかかる状態になるだけでも起こることがあります。

 

種子骨障害を回復させるには、痛みが強いうちは運動を一時休止し、足を安静にします。また、母趾球部に負荷がかからないようにするため、母趾球部の部分だけをくりぬいたパッド(足底板)を用いたりします。

足の裏に筋肉に硬さが見られる場合は、筋肉に手技を加えて筋肉の柔軟性を出していくのも効果的です。

当院では、種子骨障害の原因になっているものを探り、原因に合わせた処置を行い、スポーツ面、生活面でのアドバイスも行っております。

 

足の痛みでお悩みの方は

藤田鍼灸整骨院へぜひご相談ください!

06-6698-4568

 

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間