母指MP関節尺側(内側)側副靭帯損傷-親指の付け根の痛み

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>http://shinkyuuseikotsu.com/

母指MP関節尺側(内側)側副靭帯損傷:手の親指(母指)の付け根の痛みや腫れ、手の親指(母指)の付け根のぐらつき、物をつまんだり握ったりするときに痛い、手指の靭帯損傷、手指の痛みなど

母指MP関節尺側側副靭帯についての新しいブログはこちらへ!>>母指MP関節尺側(内側)側副靭帯損傷-親指の付け根の痛みや腫れ

 

手の骨には

 

手の骨は手根骨、中手骨、基節骨、中節骨、末節骨で構成され、それらの骨は関節を成し、手根骨側からCM関節、MP関節、IP関節と呼ばれています。

そのMP関節、IP関節の両側には、側副靭帯という組織があり、側副靭帯は関節を包む関節包を補強するように関節が横に折れ曲がるような動き(側方動揺)を抑える働きをしています。

この靭帯がなんらかの原因で損傷した状態を側副靭帯損傷といい、側副靭帯損傷は母指MP関節の内側に発生する母指MP関節尺側側副靭帯損傷が有名です。

 

 

 

母指MP関節尺側側副靭帯損傷の原因としては

 

母指MP関節尺側側副靭帯損傷は、転倒などで関節を横に折り曲げる力や捻る力が加わったときに損傷します。

スキーでストックをついた際に、親指(thumb=サム)に急激な強い力が加わって発症することが多いため、スキーヤーズサムとも言われます。

また、母指MP関節尺側側副靭帯損傷は、日常生活でも転倒した時におかしな方向に手をついてしまうことでも発症することがあります。

 

 

 

母指MP関節尺側側副靭帯損傷になると

 

受傷直後から親指の付け根に痛みや腫れが生じます。

また、靭帯が完全に断裂している場合には、通常の親指の付け根部分が横方向にぐらつく範囲を大きく上回ってぐらつくことになります。(動揺性がみられます)

その他、痛みのため物をつまむ力が入らなかったり、物を握っても支えきれなかったりします。

 

 

 

母指MP関節尺側側副靭帯損傷が疑われるときは

 

母指のMP関節の損傷部位の圧痛や動かしたときの痛みを確認したり、MP関節を横に折り曲げる力を加える際のぐらつき感を左右比較したりします。

レントゲンを撮ると靭帯が骨に付着していた部分がはがれた剥離骨片が写ることもあります。

また、側方に力をかけた状態でレントゲンを撮り、骨と骨の間の開き具合を左右で比較した時に明らかな左右差がある場合は完全断裂をしていることになります。

 

 

 

母指MP関節尺側側副靭帯損傷を回復させるには

 

母指MP関節尺側側副靭帯損傷は損傷の程度により治療方法が変わります。

 

母指MP関節尺側側副靭帯損傷は、切れた靭帯が元の位置に留まっていれば、2~3週間のギプス固定による保存療法で治癒が期待できます。

しかし、母指MP関節尺側側副靭帯損傷の場合、靭帯の断端が反転して、母指内転筋腱膜の下に挟まってしまうことがあります。その状態はステナーリージョン(Stener Lesion)といい保存療法では側副靭帯の修復は不能となり手術が必要となります。

 

単なるつき指や捻挫であれば、ある一定期間固定をすれば、時間の経過とともに回復していきます。

しかし、いつまでたっても痛みがあり、力が入りにくい様な状態が長く続く場合は、母指MP関節尺側側副靭帯損傷を疑う必要があります。

 

親指を捻親指り、親指の付け根の痛みが長引く方は、ぜひ一度当院へご相談ください。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間