橈骨神経麻痺ー手首を上げれない・反らせない・指が伸びない

橈骨神経麻痺の治療は大阪市住吉区の藤田鍼灸整骨院にぜひご相談ください!

手首を上げれない、手首を反らせない、ペンや箸をうまく持てない、指を伸ばせなくなったなど

 

橈骨神経とは

 

橈骨神経は、頸椎から出る神経の5番目~7番目の神経が腕神経叢として交叉をし、その腕神経叢の後神経束から作られる神経です。

 

橈骨神経は肩から上腕の骨を巻くように走行し、肘のあたりで腕の内側を通過して、手首の近くで表面に出てきます。

 

 

そして橈骨神経は、肘を伸ばしたり手首を反らせたり、指を伸ばしたりする筋肉を支配します。

このために橈骨神経が麻痺すると、手首が返せない、指を伸ばせない、手の甲の母指から中指の間隔が鈍くなるなどの運動障害や知覚障害が出ます。

特徴的なのは、このうちの指が伸ばせない症状は、指の付け根の関節(MP関節)が伸ばせないのですが、その先の2つの関節(PIP関節、DIP関節)は伸ばすことが出来ます。

このような状態を、「下垂手」といいます。

 

橈骨神経麻痺の原因

 

橈骨神経麻痺が起きる原因としては、寝ている時の姿勢などでの神経の圧迫、骨折、上腕部への注射などがありますが、多くの場合は神経の圧迫が原因で起こります。

例えば、うたた寝をして長時間腕の外側が圧迫されていたり 、飲み過ぎて気がつくまで腕を体の下にしたまま寝てしまったりなど、ちょっとしたことで神経が圧迫を受けることになります。

 

橈骨神経麻痺を疑う時

 

橈骨神経麻痺を鑑別するには、感覚障害の有無や運動障害、下垂手などの所見をもとに行います。

 

また、神経が圧迫を受けていた箇所を叩くと手の先に向かってビリッと走るチネルサインが出ることがあります。

チネルサインはその箇所で神経が障害を受けていることを表します。

叩けば響く場所が指先の方へと変わってきたら、それは神経が回復してきている事を意味します。

さらにレントゲン写真やMRI、エコーなどの画像検査、筋電図検査などが必要に応じて行われます。

 

橈骨神経麻痺の治療

 

治療としては、神経の圧迫によるものの場合は、患部の安静や手首が垂れない状態に保つ装具による動きのサポートや、固定を行い保存的に回復させていきます。

麻痺の程度にもよりますが、2~3ヶ月ぐらいで回復する場合がほとんどです。

しかし症状が長期化したり外傷により損傷を受けたりした場合は、手術療法が選択されることもあります。

 

また、手がしびれる、動かせないといった症状が出る疾患は他にもたくさんあります。

よって出ている症状がどこからきているのかを正確に判断しなくてはいけません。

神経麻痺には怖い病気が原因となるものもあります。

手がしびれる、手を動かし辛いなど体に関するご相談は、ぜひ当院にお任せ下さい!

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間