梨状筋症候群-臀部の痛み・下肢の痛みやシビレ

お尻の痛み、下肢の痛みやしびれなど、梨状筋症候群の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

梨状筋症候群とは、坐骨神経が骨盤の中から外へと出る部分にある梨状筋という筋肉の中を通る際に、圧迫をうけて症状がでる疾患の事です。

 

梨状筋という筋肉は、普段は柔らかいのですが、スポーツや長時間の中腰などで負担がかかることにより硬くなった筋肉が坐骨神経を圧迫してしまうと言われています。

 

梨状筋症候群は、お尻の痛みや坐骨神経痛が特徴的な症状で、長く座っていると痛みが増し、歩くと楽になることもあります。

 

治療としては、ストレッチや手技を加えて、梨状筋の硬さ(筋緊張)をとることが大切です。

 

坐骨神経痛がでることは椎間板ヘルニアと同じであるため、坐骨神経痛を疑った時には、できればこの梨状筋症候群の存在を頭に置きながら見て行く事はとても意味のある事だと思います。

しかし、実際の頻度は高くなく、安易にこの梨状筋症候群だと判断する事は避けるべきだと思います。

 

お尻の痛みや坐骨神経痛でお困りの方は

藤田鍼灸整骨院 にご相談ください!

06-6698-4568

 

 

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間