末梢性顔面神経麻痺

片方の目じりや口角が下がって来た!末梢性顔面神経麻痺の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にお任せください!

皆さんの顔の表情は、表情筋と言う沢山の筋肉の微妙な動きによって作られています。

 

末梢性顔面神経麻痺は、この表情筋を動かしている神経がケガや炎症、腫瘍などの様々な原因によって障害され、顔の筋肉が動かなくなってしまう状態のことをいいます。

 

目を閉じたり、おでこにしわを作る事が出来なくなったり、下の前方3分の2の味覚障害や感覚過敏を伴う事もあり、顔の筋肉は半分のみが動かない事が多いので、顔は非対称となり歪んで見えます。

 

治癒期間は2~3週あるいは長期間に及ぶケースもあり、希に麻痺が治らず顔の歪みが残ったままになる事もあります。

 

また急に発症する事もあり、朝起きたら麻痺が形成されているようなこともあり、脳の異変により起こる中枢性の顔面神経麻痺も希にありますので、表情の異変に気付きましたら早めに医療機関を受診してください。

 

末梢性と判断され、医療機関の治療を受けても変化のない場合は、顔の筋肉をほぐす事や鍼灸治療を試してみる事をおすすめします。

 

大阪市 住吉区 長居 4-5-18

藤田 鍼灸 整骨院

06-6698-4568

 

 

 

 

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間