月状骨周囲脱臼・月状骨脱臼ー手首の痛み・手を反らせない

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>http://shinkyuuseikotsu.com

月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼、手首の痛み、小指側の手首の痛み、フライパンを持つと手首が痛い、ドアノブを回すと手首が痛い手首が反らせないなど

 

月状骨とは

 

手の関節は前腕の骨である橈骨と尺骨、手の付け根の骨である舟状骨、月状骨、三角骨そして豆状骨で構成されています。

その中の月状骨は、舟状骨と三角骨の間にあり、手関節側では前腕の骨である橈骨と関節し、指先側では有鉤骨と有頭骨に関節しています。

手関節を構成する前腕骨と手根骨|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

手関節を構成する前腕骨と手根骨

 

 

月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼とは

 

  • 月状骨周囲脱臼とは、手関節周囲に強い力が加わることで靭帯を損傷したり手根骨を骨折したりして月状骨のみが橈骨と正常な位置関係を保ちながら他の手根骨は背側もしくは掌側に転移した状態のことです。
橈骨と月状骨、有橈骨の正常なアライメント 大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

橈骨と月状骨、有橈骨の正常なアライメント

月状骨周囲脱臼 大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

月状骨周囲脱臼

 

  • 月状骨脱臼はその逆に、月状骨のみが掌側に脱臼して、残りの手根骨は橈骨と正常な位置関係を保っている状態のものです。
橈骨と月状骨、有橈骨の正常なアライメント 大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

橈骨と月状骨、有橈骨の正常なアライメント

月状骨脱臼

月状骨脱臼

 

発生頻度としては月状骨周囲脱臼は月状骨脱臼の5倍多くみられます。

 

 

月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼になる原因

 

月状骨周囲脱臼および月状骨脱臼は、過伸展した手関節に大きい力が加わったときに生じます。

それは手から落ちる形での転倒や、自動車衝突事故などで掌側部、特に母指球部を突いたときなどに発生しやすいです。

 

 

月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼になると

 

月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼の症状としては手関節および手の近位部の疼痛や腫脹、および変形を引き起こします。

また、正中神経領域の知覚異常を訴えることもあります。

 

 

月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼を疑うときは

 

月状骨周囲脱臼および月状骨脱臼の判断は、レントゲン撮影を行いますが、そのうちの約20%は最初のレントゲンでは見逃されています。

そのために正確な正面像、側面像、斜位像の撮影が必要になります。

月状骨周囲脱臼では、手関節の側面像において有頭骨が月状骨および橈骨と垂直に並ばないのですが、月状骨および橈骨のアライメントは崩れません。

一方、月状骨脱臼では、月状骨が回転してアライメントから外れます。

 

 

月状骨周囲脱臼、月状骨脱臼の治療

 

治療としては、徒手整復を行ったのちにギプスなどで外固定し保存療法を行う方法や、手根骨間の徒手整復経皮的ピンニング(徒手整復後に皮膚の外からワイヤーで固定する方法)、観血的靭帯縫合(切開手術で転位した手根骨を整復し、ワイヤーで固定、損傷した靭帯を縫合する方法)などがあります。

合併症としては、手根骨不安定症、正中神経麻痺、中央手根関節症、月状骨無腐性壊死、舟状骨偽関節などがあります。

 

月状骨周囲脱臼や月状骨脱臼は、合併症や続発症を防ぐためにも、正確な判断と適切な処置が必要となります。

勢いよく手を突いてから手首の痛み続く方は、早急に手関節について詳しい専門家にご相談されることが望ましいです。

 

手首の捻挫や手首の長引く痛みでお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください!

>>http://shinkyuuseikotsu.com

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

井上 五郎『月状骨周囲脱臼と手根不安定症』最新整形外科学大系15A巻, 第6章,218-230,中山書店

 

田嶋 光・東 努・湯朝 友基(1999)『新鮮月状骨(周囲)脱臼の治療経験』整形外科と災害外科,第48巻4号,1004-1009

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間