手根管症候群(CTS)-手指のしびれ・ものをつまめない

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

手根管症候群(CTS):親指や人差し指、中指などがしびれ、触っても感覚が鈍い、朝起きた時に手がしびれる、指で物をつまむことが出来ない、手を振ると楽になるなど

 

手根管とは

 

手の関節を作る小さい骨と、指を動かす腱を束ねる横手根靭帯で囲まれたトンネルのことで、その中を正中神経と指を動かす腱が通っています。

 

何らかの原因により手根管の中で正中神経が圧迫されることにより、手根管症候群は発症します。

 

手根管症候群の正中神経圧迫部位(CTS)|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

手根管症候群の正中神経圧迫部位

 

 

 

原因としては

 

手や手首の使い過ぎによる腱や、それを守るための腱鞘の炎症や腫脹、ガングリオン(中がゼリー状の良性の腫瘤)による圧迫、妊娠中や出産後、更年期の女性に発生する原因のない突発性などが多いです。

 

その他、手首の骨折後、手根管内の腫瘍、リウマチによる滑膜炎によるもの、糖尿病、アミロイドーシス、腎疾患、痛風などホルモンの変化や代謝性疾患に随伴するものなどがあります。

 

 

 

症状としては

 

初期には人差し指と中指にしびれや痛みを感じますが、最終的には親指や薬指の親指側にもしびれが出てきます。

明け方に強くしびれを感じ、手を振るとしびれが楽になるようなことが多いです。

また、薬指の親指側から親指までの範囲を触っても感覚が鈍くなる知覚低下が出て来ます。

 

さらにひどくなると親指の付け根の筋肉が痩せてきて、縫い物や小さなものを、親指を使って挟むなどの細かい作業がしづらくなります。

 

 

 

手根管症候群であるかの判断には、

 

親指と人差し指の先端をきっちりと合わせ、力を籠めて円を作ろうとしても崩れて涙の形になってしまうテスト(ティアドロップサイン)

手根管部分を叩いたときに指先の方へピリッと走ることがあるのか(チネルサイン)

両手首を下向きにして手の甲で合掌することでしびれや痛みが増強するのか(ファーレンテスト)

手のしびれる範囲が親指、人差し指、中指と薬指の半分にあり腕の方にない場合。(なおしびれる範囲は上記の部分より狭い事はよくあります)

手根管部分を指で強く圧迫してしびれなどが増強するのか(手根圧迫テスト)

などの検査を使って判断します。

 

また、この時に頚椎に問題がないかどうかを調べておくことは重要です。

 

さらに詳しく調べるためにはエコー検査や神経電動速度を計る機器を使います。

 

(Tinel Sign:チネルサイン=神経の障害部位を叩いた時に神経の障害があれば、その神経の末梢へとビリッと電気が走る様な感覚が出ることがあります。その場合はその場所に神経障害があると判断するテスト)

 

※すべてのテスト法はきっちりと行える必要があり、たとえそのテスト法が出たとしても他の要因も考えられますから、これらを使って異常を疑う場合は専門家へご相談ください)

 

 

 

治療

 

考えられる原因により違ってきますが、手をなるべく使わないことが基本となります。

医療機関ではビタミン剤の処方や、消炎鎮痛剤、手根管内への注射などがよく行われます。

 

また、ナイトスプリントなどの適切な固定具を用いて患部を安静に保てると改善されることもよくあります。

固定具は手首の角度や着脱を簡単に出来る様に工夫することで装着してくれる確率が上がるのでより効果的です。

 

しかし安静にしても回復しない場合、親指の筋肉が痩せてきている場合などは手術が選択されることもありますから早期の段階で正確な判断を行うことが大切です。

 

手にしびれや痛みがある場合は、早期に治療を開始することが回復につながります。

手のしびれや痛みのある方は、ぜひ当院にご相談ください!

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間