後骨間神経麻痺ー手の指を伸ばせない

後骨間神経麻痺:手首は返せるが指を伸ばせない、触った感覚は鈍くならないなどのご相談は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へ!

 

後骨間神経とは橈骨神経が肘の下のところから分岐した神経で、運動にかかわる神経です。

 

このため後骨間神経に麻痺が起きても、しびれなどの知覚の問題は出てきません。しかし支配する筋肉の作用により、手首は返せるが指を伸ばすことが出来ない(下垂指)という症状があらわれます。指が伸びない訳なので、手指の伸筋腱皮下断裂や関節リウマチ、手関節部の骨折変形治癒、手根骨の偽関節、関節症などとの鑑別が必要です。また、肘関節の外側より少し下にある橈骨頭の前方を押すと痛みがでたり、鈍い痛みを感じたりすることはあります。

 

橈骨神経が枝分かれしたあとの後骨間神経は、フローセのアーケードと呼ばれる回外筋の入口の狭いトンネルを通ります。

この部分で神経が圧迫されやすくなっています。

圧迫される原因としては、ガングリオンなどの腫瘤によるもの、後骨間神経自体がくびれてしまうもの、回外筋により絞扼されるものなどがあります。

 

治療法を決定するに当たっては、原因の特定が重要になってきます。

原因の特定には、超音波検査やMRI、針筋電図などが用いられます。

ガングリオンなどの腫瘤が原因のものに対しては、手術療法にて原因となるものの切除が行われます。

神経自体のくびれが原因のものに対しては、経過観察にて改善が見られない場合、神経内剥離術と呼ばれる手術が推奨されます。

その他スポーツや重労働での回内外運動にて発症する特発性というタイプは3~6か月或いは10か月前後での回復が見込めるとの報告がありますから保存療法で経過観察を行います。

 

手首は動かせるが指が伸びないといった症状がある場合は、後骨間神経麻痺が疑われます。

原因の特定さえできれば、治療法もおのずと決まってきますので、症状にお心当たりのある方はお近くの専門家にご相談ください。

 

手の痛みや動きのご相談は

藤田鍼灸整骨院にご相談ください!

06-6698-4568

 

参考文献

中道 健一,井田 雅祥,大賀 辰秀,山徳 雅人(2013)『非外傷性後骨間神経麻痺に対する超音波検査の意義』Jpn J Rehabil Med,50,328-333

 

村瀬 剛,川端 秀彦(1999)『後骨間神経麻痺』最新整形外科学大系,第22巻末梢神経疾患 筋疾患 循環障害,第3章末梢神経麻痺(絞扼性神経障害),89-93.中山書店

 

渡 邊 毅 ,今 村 宏 太 郎,伊 藤 信 之,長 谷 芳 文,平 野 英 二(1993)『前骨間神経麻痺 と後骨間神経麻痺の発生原因の検討』整 形 外 科 と 災 害 外 科,1216 42:(3),1216-1220

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間