外反母趾-足の親指の変形と痛み

足の親指の痛み、母趾の変形、外反母趾の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にぜひお任せください!

外反母趾とは、足の親指(母指)が小指の方へと曲り、母指の付け根の関節に痛みが出る状態を主に言います。

外反母趾についての最新記事はこちらへ>>外反母趾―足の親指の痛み・足の親指の変形

 

外反母趾では、母趾の付け根の内側にある滑液包という普段はクッションの役目をしている部分に繰り返し刺激が加わる事で、クッション自体が炎症を起こしてその部分に強い痛みを訴えるケースも多く見受けられます。

始めの頃は家に帰って靴を脱ぐと痛みが治まる事も多いのですが、悪化させると靴を脱いでも痛みが続く場合も出てきます。

 

外反母趾が出る原因としては、昔に比べてハイヒールを履くようになってから多くなった事や、同じ家族内で外反母趾になるケースが多い事から、履物の形状や遺伝的要因が関係している事に加えてアーチの低下や足の付き方など様々な誘因までが関係してきます。

そのために、日常生活の過ごし方や足底のバランス、歩行や直接的な圧迫など考えられる悪化の原因を出来る限り排除する事が回復への近道となります。

 

当院では、日常生活で悪化の原因となりそうな事のチェックを行い修正する事や足底版の作成、独自のテープを使った矯正での施術を行なっています。

 

外反母趾は、出来れば初期段階での施術が好ましいのですが、進行し変形を伴った方に対しても根気よく施術を行う事で変形の矯正や痛みの消失など良好な結果を得る事が出来ています。

 

また、足の問題を解決する事は、歩行や体の歪みに対してもかかわってくる事なので、放置せずに回復に向けて積極的に取り組んでいただきたいと思います。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

 

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間