変形性足関節症-足首の痛みや腫れ・足首の変形

住吉区長居藤田鍼灸整骨院

変形性足関節症:足首の痛み、足首の変形、腫れ、違和感、歩行時の痛み、可動域の制限など

 

関節は

 

・骨と骨を繋ぎ止めるバンドの役目をする靭帯

 

・関節を包み込みながら関節を繋ぎ止め、関節の動きを滑らかにするためにその中に関節液を満たす関節包

 

・関節を通過しながら補強し、筋力により関節を支える腱

 

などにより、その骨と骨の位置が正常な範囲を超えることなく動かすことが出来ます。

 

 

 

足関節は

 

外側にある前距腓靱帯と後距腓靱帯、踵腓靱帯、内側の三角靱帯、さらには関節を包む関節包や関節周囲を通る腱などの軟部組織により足関節は守られ安定しています。

足関節外側靭帯|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

足関節外側靭帯

足関節ー前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯と前脛腓靭帯|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

足関節ー前距腓靭帯・踵腓靭帯・後距腓靭帯と前脛腓靭帯

足関節ー三角靭帯|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

足関節ー三角靭帯

足関節三角靭帯ー前脛距部・脛舟部・脛踵部・後脛距部|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

足関節三角靭帯ー前脛距部・脛舟部・脛踵部・後脛距部

 

また足関節は、足部のショパール関節(Chopart関節)、リスフラン関節(Lisfranc関節)も関係しながら、底屈、背屈、内反、外反、内返し、外返しなどの複合的な動きをします。

ショパール関節とリスフラン関節|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

ショパール関節とリスフラン関節

 

そのために、足関節は1つの関節に負担がかかっても他の関節でかばうことが出来るため、膝関節に比べると変形性関節症になりにくくなっています。

 

 

 

変形性足関節症とは

 

足関節部の軟骨がすり減り炎症を起こして、痛みや腫れを生じてしまう疾患です。

股関節や膝関節などの他の荷重関節と比べると発症する頻度は低いとはいえ、我慢して進行させてしまうと日常生活にも支障をきたしてしまうことになります。

 

 

 

変形性足関節症の原因としては

 

変形性足関節症は、一次性(原因が不明なもの)と二次性(原因が明らかなもの)の2つに分けられ、それぞれ年齢層と患者数が異なります。

 

・一次性(原因が不明なもの)

足関節軟骨の老化により軟骨が損傷を受け変形をきたしてしまうもの。

中年以降など高齢の女性に多くみられますが、安定した骨性構造と軟部組織に保持された比較的安定性の高い関節であるため、一次性は稀であり二次性に比べ患者数は少ないです。

 

・二次性(原因が明らかなもの)

骨折や捻挫などの外傷により軟骨が損傷を受けたり、靭帯が緩み関節が不安定になったりすることにより変形をきたしてしまうもの。

他にも、血友病による関節内出血、関節リウマチ、痛風、細菌感染による化膿性関節炎などが原因になることもあります。

 

 

 

変形性足関節症になると

 

変形性足関節症になると、足首の痛みや腫れが生じてきます。

足関節の内側が損傷していることが多く軽い痛みを感じるようになり、進行してくると足首に体重がかかるたびに痛みを感じるようになり、歩行時に痛みは強くなります。

さらに進行していくと、関節の可動域が狭くなったり、外観上で足関節の変形が見られるようになったりして、日常生活に支障が出るほどの強い痛みや歩行の不自由さを感じるようになります。

 

 

 

変形性足関節症を疑うとき

 

変形性足関節症を疑うときは、痛みや腫れなどの症状を確認し、レントゲン写真やCT検査、MRI検査といった画像検査を行い、足関節の変形具合や軟骨の損傷程度、靭帯の損傷程度などを確認します。

 

変形性足関節症の治療の指標としての病気分類は次のようになっています。

 

1期(初期):骨硬化や骨棘は存在するが、関節裂隙の狭小化は認められない

変形性足関節症ー関節裂隙の狭小化はないが、骨棘と関節症変化を認める|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

変形性足関節症ー関節裂隙の狭小化はないが、骨棘と関節症変化を認める

 

2期(中間期):関節裂隙の狭小化が認められるが、軟骨下骨組織の接触は認められない

変形性足関節症ー関節裂隙の一部が狭小化している|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

変形性足関節症ー関節裂隙の一部が狭小化している

 

3a期(中間期):軟骨下骨組織の接触が内果関節部のみに認められる

変形性足関節症ー関節裂隙の消失が内果関節面に限局している|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

変形性足関節症ー関節裂隙の消失が内果関節面に限局している

 

3b期(中間期):軟骨下組織の接触が天蓋部にも一部及んでいる

変形性足関節症ー関節裂隙の消失が距骨滑車内側上面にまで達している|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

変形性足関節症ー関節裂隙の消失が距骨滑車内側上面にまで達している

 

4期(進行期・末期):全体に関節列隙が狭小化して軟骨部が消失し、骨組織どうしの接触がある

変形性足関節症ー全体にわたり関節裂隙が消失|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

変形性足関節症ー全体にわたり関節裂隙が消失

 

 

 

変形性足関節症になってしまったら

 

早期であれば、体重を減らす、運動制限、足底板、姿勢改善(O脚の改善)などで足関節への負担を減らす保存療法を行っていきます。

痛みが強いときは、ステロイドなどの痛み止めも併用することもあります。

進行し変形が進んでしまった場合には、手術療法が選択されることもあります。

 

変形性足関節症は比較的進行が緩やかですが、我慢して進行させてしまうと手術療法を行わなければならなくなってきます。

若いころによく足首の捻挫をしたり、骨折をしてしまったりした人で足首に違和感や痛みなどがある方は、早めに状態を見極め治療を行なうことが重要です。

 

足関節に痛みや違和感がある方は、ぜひ当院へご相談ください。

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

 

高田 信二郎・山下 義則・山下 雅樹(1993)『X線計測で検討した変形性足関節症の形態的特徴について』中国・四国整形外科学会雑誌 5巻2号,167-171

高倉 義典(2007)『変形性足関節症』最新整形外科学大系.中山書店

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間