内顆炎・ゴルフ肘・上腕骨内側上顆炎-肘の内側の痛み

住吉区長居藤田鍼灸整骨院

上腕骨内側上顆炎:肘の痛み、肘の内側の痛み、ゴルフ肘、野球肘、長引く肘の痛みなど

 

上腕骨内側上顆とは

 

上腕骨の肘側の端の部分の体幹に近い側の出っ張っている骨の部分のことです。

 

その上腕骨内側上顆には手首や指、前腕を動かすための筋肉が付いていています。

  • 上腕骨内側上顆には次のような筋肉が付いています。
  • 円回内筋 (前腕を内側に捻る筋肉)
  • 尺側手根屈筋 (手首を手のひら側に曲げ、小指側に倒す筋肉)
  • 長掌筋 (手首を手のひら側に曲げる筋肉)
  • 橈側手根屈筋 (手首を手のひら側に曲げ、腕を小指側に回す筋肉)
  • 浅指屈筋 (人差し指~小指の付け根の関節を曲げる筋)
上腕骨内側上顆に付く筋肉尺側手根屈筋長掌筋浅指屈筋円回内筋党則手根屈筋|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

上腕骨内側上顆に付く筋肉

 

 

 

上腕骨内側上顆炎とは

 

上腕骨内側上顆に炎症を起こした状態です。

ここには、指を曲げたり、手首を手のひら側に曲げたりするための筋肉が付いて、手や腕を使いすぎることにより、肘の内側に炎症が起こり痛みを生じてしまいます。

 

多くの場合、手首を手のひらの方向へと、強く曲げる動作を繰り返し行うことで起こります。

 

上腕骨内側上顆炎は、ゴルフや野球、テニスなどのスポーツをする方や、主婦などの手をよく使う労働環境にある方に多くみられます。

 

 

 

症状としては

 

肘と前腕の内側に痛みを感じます。

手のひら側が上を向くような形で物を持ち上げたり、力を入れて手首を手のひら側に曲げたりすると痛みが増します。

 

 

 

治療としては

 

痛みを感じるような動きを行わないようにして肘の内側への負担を減らし、炎症を抑えることが必要です。

 

基本的には患部の安静やアイシングなどを行い、テーピングによる筋肉の補助や固定なども行います。

また、原因となっている筋肉のストレッチやマッサージなどを行います。

 

そして痛みが治まれば、再発防止のためにも肘周りの筋力強化も行います。

 

 

上腕骨内側上顆炎は正しく対処していくと、基本的には回復しやすい疾患です。しかし、いつまでたっても痛みが軽減しない場合や、スポーツなどで酷使したのちの痛みの場合は、靭帯や骨を痛めているケースもありますから、肘の痛みを感じたらお近くの専門家にしっかりと見てもらって下さい!

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間