体にほどほどの大切さ【運動について】

体にほどほど(適量)

運動も体に合わせる必要があります

 

自分の体の状態に対して運動をやり過ぎると、

 

関節や筋肉を痛める場合があります。

疲労が蓄積しすぎる場合があります。

 

自分の体の状態に対して運動量が少なすぎると

 

関節や筋肉、骨が弱くなってしまいます。

循環が悪くなり様々な悪影響が出てきます。

 

なので、運動をする時は、今の自分の体の強さに対して、どの様に進めて行く必要性があるのかを考える事が大切です。

 

例えば、関節の強さに対して体が大きすぎる場合、走ってはいけません。

テレビのタレントさんで、体重が大きめの方が、マラソンに挑戦すると聞いた時私は、膝を痛めるという判断がすぐに出来ました。

 

結果は、さすがにプロが付いているので、タレントさんはダイエットからはじめて、その後に歩行からランニングへと移行していました。

 

ところが一般的には、関節の強さより大きい体のまま、いきなり走っている方は多いのではないでしょうか?

 

体が若い場合は特に、やり過ぎによる問題はすぐには出ません。しかし、体の中に問題は蓄積されています。

 

20までは体の強さを上げるハードな運動は必要です。

しかし、健康のためには、20歳を超えたら自分の体の強さに対して、少しずつ強化する位の運動が適量だと言えます。

また、スポーツを生業とする場合や、体を少々痛めてでも、運動を楽しみたいと思うケースは例外となります。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間