交通事故、外傷性頚部症候群、むちうち、頚椎捻挫

首が痛い、首が動かせない、交通事故、外傷性頚部症候群、むちうち、頚椎捻挫の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

車での追突、最近では自転車でぶつかることも多いのですが、昔は事故により頚椎を痛めた場合をむち打ち損傷と言っていました。

それを現在では外傷性頚部症候群または頚椎捻挫とよぶことが多くなっています。

 

病態

外傷性頚部症候群は交通事故での頚椎に対する負荷により椎間板、椎間関節、筋肉、靭帯などの支持組織に生じる細かい損傷と考えられています。

 

症状

  1. 痛み:頭痛、頚部痛(首の痛み)、項部痛(後頭部の下の方の痛み)、背部痛、肩関節通、手や腕への痛みやコリ感など
  2. 首を動かしにくいまたは動かない
  3. しびれ
  4. 気持ち悪さ、吐き気、耳なり、めまい、眼精疲労、記憶力低下など

 

交通事故である場合、治療者側は詳しく検査を行ったうえで観察と記録を行う事が大切です。

とくに首を動かしにくい方向(運動制限)や動かすと痛みが出る方向(運動痛)、筋肉や骨を押さえて痛みが出るところ(圧痛)

手足を触って鈍く感じる所やシビレの有無、腱反射などのチェック。

 

その理由は、

  • 状態の変化により今後の回復の判断が行えること
  • 状態の変化に施術または治療を合わせることで回復率が変わるため
  • 検査結果を記録していく事により、保険会社さんからの信頼が得られるため、そしてそれにより本当に辛い患者様が安心して通院する事が出来るためです。

 

施術

痛めて間もない間はできるだけ安静、頚椎カラーと言われる首のコルセットをすると楽と言われる方が多いです。しかし、早期に安静を取ることは誤りだという報告もあるので絶対とは言えません。

あまりに痛みが強いときに医療機関ではブロック注射やステロイドの投与も行うようです。

当院ではじっとしていても痛い時や、熱感がある時にはアイシングや電気治療など患部を動かさない処置を行います。

そして、痛みや熱感が和らいできた時には患部に響かないように筋肉と筋膜をゆるめたり軽い頚引を行います。

交通事故でお困りの方は

藤田鍼灸整骨院 にぜひご相談ください!

06-6698-4568

 

芝敬一郎:頚椎軟部組織損,傷外傷性頚部症候群.最新外科学体系,第11巻,6章, 212-215.谷口書店,1999

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間