五十肩・四十肩ー肩の痛み

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>http://shinkyuuseikotsu.com/

五十肩・四十肩、肩の痛み、腕を伸ばすと肩が痛む、腕を上げると肩が痛む、腰や後頭部に手を回すと肩が痛むなど

 

五十肩、四十肩とは?

 

いわゆる五十肩は、特にきっかけとなる原因に〝これ〟といったものがなく、50歳前後に発生する動きの制限を伴った肩の痛みの総称です。

それらが50歳に起これば五十肩、40歳に起これば四十肩と言われますが同じものです。

五十肩や四十肩を詳しく調べたり、明確な原因があったりすると腱板損傷や断裂、肩峰下滑液包炎や上腕二頭筋長頭腱炎などと呼ばれることになりますが、そこまでたどり着かない40~50歳代に出た肩の痛みの総称ということになります。

 

五十肩・四十肩ー腱板損傷|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

五十肩・四十肩ー腱板損傷

五十肩・四十肩ー腱板断裂|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

五十肩・四十肩ー腱板断裂

五十肩・四十肩ー上腕二頭筋長頭腱炎|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

五十肩・四十肩ー上腕二頭筋長頭腱炎

 

また、理由は分かりませんが、五十肩や四十肩に一度なるともうならないと思われている方が多いのですが、五十肩や四十肩は何度でもなる可能性があります。年齢も20歳や30歳、70歳であろうと五十肩と同じ状態はなります。ただ、50歳ではないので五十肩と言われないだけなのです。

40歳~60歳の頃までは肩の腱板や関節包、上腕二頭筋腱などの組織が加齢により弱ってきているが、しっかりと仕事はしている状態です。組織は弱っているが、20歳や30歳の若い人と同じような仕事をしていると、肩を痛める確率は上がるために40代50代の方の悩みは多くなり40肩50肩が有名になるというわけです。

しかし最近では、60歳であっても働いている方は多いので、60肩?でお悩みの方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

五十肩になると

 

五十肩の痛みの特徴

五十肩の痛みの特徴は、以下の様なケースが多いです。

  • 肘を伸ばした状態で手を身体の側方から耳に着くまで上げていく外転運動や
  • 腕を水平以上の高さに上げる運動で痛む
  • 手を伸ばし、身体から遠い位置のものを取ったり動かしたりする運動で痛む
  • 夜間になると肩の痛みで目が覚める
  • 就寝時の痛みで腕を置く位置に困る
  • 肩を動かすと上腕や前腕に痛みを感じるために腕が痛んでいるように思える
  • じっとしていても疼く時がある
  • 手を後ろに回して帯を結ぶような動きで痛む(結帯運動)
  • 手を後ろに回して髪の毛を結ぶような運動(結髪運動)で痛みが出る
  • 肩の前面を中心に押してみるとズキッと痛む箇所がある
  • 肩甲骨周囲の筋肉を押さえると痛む

なお、四十肩や五十肩では、肩周りの筋肉の萎縮はありませんが、まれに腕を使っていないがための軽い萎縮が出ることもあります。また、通常の四十肩、五十肩では熱感や腫れは出ません。

 

 

 

五十肩の判定

 

  • 肘を伸ばし手のひらを下に向けたまま、腕を横方向に顔の横の方へ向かって上げていくインピンジメントサイン
  • 肘を伸ばし手のひらを上に向けたまま、腕を横方向へ顔の横に腕が付くように上げていった時に60度から120度の範囲で痛みが出るペインフルアークサイン
  • 肘を伸ばし手のひらを上に向け腕を前方に上げてもらうその腕が上げれないように抵抗をかけるスピードテスト
  • 肘を直角にした状態で手を親指が真上へ向くように前に出し、その手の手のひらを上へ向ける動きに抵抗を加えるヤーガソンテスト

などの徒手検査法を行い、痛みが強い場合や繰り返す場合、じっとしていても疼く場合などは、レントゲン検査や関節造影、MRIや超音波での確認が行われます。

 

当院では徒手検査の後にエコー検査を行います。

 

 

 

注意点

 

五十肩は基本的な回復方法で十分回復はするのですが、回復過程が良くない場合や痛みの出方が基本パターンから外れている場合は、他に問題がないかの注意が必要です。

 

甲状腺疾患や心疾患、糖尿病や頚椎症性神経根炎などを疑う必要もあります。

また、腱板の断裂や石灰沈着性腱炎、上腕二頭筋長頭腱断裂などは五十肩という病名で一くくりにせずに、しっかりとしたジャンル分けを行い、それに必要な回復プログラムを行います。

 

以下は五十肩に含まれる疾患の説明と、五十肩とはせずに考えていく必要のある疾患です。

 

 

 

変形性肩関節症

 

肩関節は肩甲骨と鎖骨と上腕骨で構成される関節です。

肩関節をもう少し専門的に厳密に言いますと、肩甲骨と上腕骨頭より構成される肩甲上腕関節のことを肩関節と呼ぶ場合と、肩甲上腕関節、肩鎖関節、胸鎖関節の3つの関節で肩関節と呼ぶ場合とがあります。

それら肩関節を構成する部分の中で上腕骨頭や肩甲骨関節窩の軟骨の変性や破壊が生じ骨棘ができるような状態を変形性肩関節症といいますが、リウマチによるものは肩関節症から除外します。

 

 

 

変形性肩関節症の原因としては

 

骨折や脱臼などの外傷、加齢に伴う骨・軟骨の老化、手術によるものもあります。

また、血流の悪化や、ステロイド薬の多量投与による上腕骨頭壊死や腱板断裂なども原因となることもあります。

 

 

 

症状としては

 

初期には肩の痛みや可動域制限、中期から末期になると関節の腫脹や強い痛み、動かすとゴリゴリといった礫音を感じることもあります。

痛みは腋窩から肩関節の外側に痛みを訴えることが多いようです。

肩関節は、膝関節や股関節などの荷重のかかる関節に比べ荷重がかからないので関節面の負担は少なく、発症する割合は高くなく、発症しても症状は比較的ゆっくり進行していくと言われています。

 

 

 

治療としては

 

まずは薬物療法や運動療法などの保存療法が行なわれます。

保存療法を行っても症状が改善されなかったり、強い痛みや可動域制限によって日常生活に支障をきたしてしまったりする場合には、手術療法も検討されます。

変形の程度が軽い場合には、傷んだ軟骨や炎症部分を取り除いたりする関節鏡視下手術、変形の程度が高度の場合には、人工関節置換術が行なわれます。

 

上腕骨の一番上の丸い部分を上腕骨頭といい、上腕骨頭の大結節という部分には腱板という薄い板状の腱が付いています。

その腱板の上には肩峰下滑液包というクッションがあり、さらにその上には肩甲骨外側の前方にある烏口突起と肩甲骨の一番外側の部分である肩峰、それらを結ぶ烏口肩峰靭帯からなる烏口肩峰アーチがあります。

肩峰下滑液包は腕を上げるために重要な腱板が、その上にある肩峰や烏口肩峰アーチにこすれて痛まないようにしています。

 

 

 

肩峰下インピンジメント症候群

 

肩峰下インピンジメント症候群とは

 

腕を上げていく時に腱板の付いた上腕骨骨頭の大結節が、烏口肩峰アーチと衝突することが原因で疼痛を引き起こす状態のことをいいます。

腕を上げていく過程の中で、上腕骨骨頭と肩峰の間に腱板の一部や肩峰下滑液包などが挟み込まれることが繰り返され刺激されることにより、滑液包に炎症や浮腫、出血が起こるのです。

 

はじめのうちは安静にすることにより通常は回復していきますが、繰り返し刺激を受け続けると、腱板の滑液包側の不全損傷や、肩峰下に骨の棘が出来たりして痛みがなかなかとれなくなることもあります。

慢性化し、腱板や関節包に障害が広がると、安静時痛(夜間痛)や可動域制限を伴うこともあります。

 

 

 

原因としては

  • 腱板自体の機能不全による上腕骨頭が上方偏位
  • 肩峰下の骨棘
  • 腱板の加齢変性
  • 大結節骨折の変形治癒
  • 肩甲骨機能不全などがあります。

 

 

 

判別としては

 

腕を伸ばしたまま外側に上げていった時に60度~120度の範囲で痛みが出るペインフルアークサイン(有痛弧徴候)

患者さんの肩甲骨を押さえて動かなくした状態で腕を前方に90度上げてもらうことで痛みを見るインピンジメントサイン

あとはレントゲン、エコー検査、MRIなどの画像診断も合わせて行います。治療としてはまた、痛みが非常に強い場合などは、痛みの緩和を目的に消炎鎮痛剤などの薬物療法や局所注射療法が行われたりします。  肩の痛みでお困りの方は、お近くの肩に詳しい専門家にご相談の上、正しい対処をしていきましょう。当院では施術は肩峰下滑液包がインピンジ原因となった問題点を探し出し、それを排除します。そして自宅でできるケアを伝えることで痛みや再発を防いでいただきます。

 

肩峰下インピンジメント症候群だと判断した場合は、その方の年齢や職業、目的の運動レベルを考慮して医療機関の受診をお勧めする場合と、当院にて施術を行う場合とがあります。

 

肩峰下インピンジメント症候群は、正しく対処していくことにより多くの場合は回復していきます。

しかし、保存療法を3~6ヵ月行っても症状が改善されないような場合は、まれに手術が選択されることもあります。

そして痛みが軽減されると、肩関節や肩甲帯の柔軟性の向上のストレッチや肩関節周囲の筋力アップを行っていきます。

保存療法の場合、痛みを感じる動作をなるべく避け、三角筋や上腕筋、僧帽筋の緊張を和らげる手技などを行います。痛みが強ければ三角巾などで腕を吊ることで肩関節の安静を図ることもあります。

 

 

 

腱板損傷・腱板炎

 

スポーツや外傷などはっきりとした理由があり、腱板損傷特有のテスト法で強い痛みを感じたり腕が上がらなかったりというような状態の場合

 

若者で特別原因がなく日常生活程度でなっていそうなら肩関節周囲炎と言うような感じで呼ばれていると思います。腱板とは肩関節を動かすための筋肉の腱の部分で、肩関節の外側にある大きい筋肉の三角筋の内側にあり、前から肩甲下筋・棘上筋・棘下筋・小円筋の4つの筋肉の腱により構成されています。 また、肩関節の運動においては、

その腱板は、上腕骨骨頭を棘上筋が上方へ、棘下筋と肩甲下筋が下方へひきつけることで、上腕骨骨頭を肩甲骨関節窩に押し付け、肩を安定させる重要な役割をしています。

肩甲下筋 は上腕骨の小結節に、他の3つの筋肉は上腕骨の大結節に付着しています。

 

棘上筋が三角筋中部線維と共同して上肢を体の外側から上へと上げる運動

棘下筋・小円筋は、上肢を体の内から外へと捻る動き(外旋)

肩甲下筋は大胸筋・広背筋・大円筋などの筋群の助けを受けて、上肢を体の外から内へと捻る動きを行います(内旋)腱板が痛むときは加齢による腱板の老化が基盤にあることが多く、そこに強い力が加わった際や酷使することによって摩耗するように部分的に断裂します。

 

 

 

腱板損傷の特徴としては

 

大きな力が加わる場合は、転倒などにより肩を打ちつけたり手をついたり、野球の投球動作を繰り返すことなどがあります。

 

  • 肩の下から肘の間に痛みを感じることも多く、肩より腕を痛めていると感じてしまう。
  • 手を前方に伸ばす、水平以上に上げる、手を頭の後ろや腰に回す(結髪運動、結滞運動)などの動きで肩の外側や前方に痛みが出る。
  • 体の前面でお腹の前くらいの位置の作業では痛みが出にくい。
  • 手のひらを上にして、体の側面方向から腕を上げて行くとより痛みを感じる。
  • その時は、特に水平くらいの位置で特に痛みを感じるあるいはその位置では手をあげていることが維持できない。
  • しかし、水平位置を超えて真上になると痛みが和らぐ(ペインフルアークサイン)
  • 手のひらを下に向けて体の側面方向から上げて行くと、腕を上げるほどに痛む(インピンジメントサイン)
  • 就寝時には肩が重く疼くような痛みがあるので腕の置き場に困る。
  • 痛みで眠れないまたは痛みで目が覚める。

 

肩の障害の多くはこの時に肩を動かし過ぎることでかえって悪化を招いているケースをよく見かけます。

肩の障害は長期間肩を動かさないことにより関節の拘縮を起こすことがよく知られています。よって施術者も患者様も動かさないことによる拘縮を恐れてついつい早めに動かしてしまうのだと思います。

基本的には、痛みと炎症が強い間は安静を中心として施術を行います。

腱板損傷の治療は、痛みの程度や損傷度合、年齢、職業、初発か何度か繰り返しているのか、生活における患部への負荷の量などを考慮したうえで選択する必要があります。

と言ったような肩の運動障害や痛みが出ることが多いです。

損傷の程度や年齢、運動量など様々な条件をしっかりと把握し

毎回調子を伺い

施術を正しく行い

運動を始める時期や筋トレ、自動運動などの運動内容を適切に行う  (現役のハードな運動を続けて行く必要があるスポーツ選手などには必要だと思います)肩の痛みや腕の痛みなどでお悩みの方は、お近くの専門家に肩の状態を詳しく見て頂き、適切な見極めと適切な施術メニューを作ることが大切だと思います。石灰沈着性腱板炎・石灰沈着性腱炎肩の石灰沈着性腱板炎は、夜間突然に肩の激痛で始まることが多い疾患です。肩を回したり動かしたりすると激痛が走り、手を上げられなくなったり痛みで眠れなくなったりします。また、じっとしていても疼くような痛みや熱感を伴うことも多いのですが、このじっとしていても疼くような痛みが肩に出て続くときには石灰沈着性腱板炎を疑うべきです。石灰沈着性腱板炎は、症状の出かたによって急性型・亜急性型・慢性型に大きく分けられます。

 

ある程度以上の損傷で長く痛みが取れなかったり、腕が上がらないなどで日常生活に支障が出てしまったりする場合は手術療法も検討しますが、整形外科勤務時代を含めてそれもありませんでした。

それでも関節の痛みや動く範囲が改善されずに関節が動かなくなりそうな場合は、関節を広げる運動を追加することになるのですが、当院では無理に関節を広げたケースはありません。

これらをきっちりと行うことが出来れば自然に痛みは取れ、腕も上がる様になってきます。腱板損傷は、焦って早めに動かしてしまったり、逆に遅すぎたりどうしようもない痛め方をしたりしていなければ日常生活に支障のない程度には痛みが取れることが多いのです。

1~4週間ほど強い症状が出るのが急性型で比較的若い人に起こります。

中等度の症状が1~6ヶ月ほど続くのが亜急性型

運動時痛や使い過ぎによる痛みなどが6ヶ月以上続くのが慢性型です。慢性型は比較的高齢の方に多くなります。原因としては、肩腱板内に石灰といわれる物質(リン酸カルシウム結晶)が付くことが関係します。徐々に溜まった石灰が破綻し、石灰の成分が外へ出てしまうと急性の炎症性の激しい痛みを生じ、痛みにより動きの制限も起ることが多くなります。(石灰が沈着する場所によって、制限される動きが異なります。)石灰がたまる原因は不明ですが、初期は泥上の白い結晶として存在し、時が経つにつれて練り歯磨き粉状、石膏状へと硬く変化していくそうです。また、石灰が溜まるからと言って必ずしも痛みが出るというわけではありません。他のことで撮ったレントゲンをみた時に「石灰ありますね」となることもありますし、石灰沈着性腱板炎として出ていた激しい痛みが無くなったにもかかわらず、レントゲン上では石灰がまだ残っている場合もあります。好発は、40~50歳代の女性に多くみられるという意見が多いです。

 

石灰沈着性腱板炎は我慢してもあまり意味がありません。当院でも石灰沈着性腱板炎を疑った場合は、医療機関の受診をすすめています。

痛みがある間の過ごし方としては痛みに逆らって動かさないことや、三角巾で腕を吊るなど、痛みの出ない位置に腕を置いて過ごすことが正しい過ごし方です。四十肩や五十肩と間違い動かしてしまい、悪化させたうえで相談に来られることもよくあります。(四十肩も五十肩もいきなり動かすのは良いとは思いませんが)

ただし亜急性期や慢性期などで、硬く膨らんだ石灰が原因で、強い痛みや肩の動きに支障が大きく出る場合などは、手術で石灰を摘出することもあります。

この疾患は、一定期間を過ぎるとほとんどの場合、痛みは治まりますので、その間は注射で痛みを抑えることがおすすめです。

また、肩を強く打つとか肩に無理な負担をかけてしまったなど、原因に思い当たることがないにもかかわらず痛みが出る場合にも疑うべき疾患です。

 

 

 

上腕二頭筋長頭腱炎

 

力こぶを作る筋肉を上腕二頭筋と言い、その筋肉は上に行くと二つに分かれて腱となり、長い方を長頭、短い方を短頭と言います。(だから二頭筋!)

その下から上へとがって来た長頭は、肩関節の正面、上腕の骨の頭の部分の所で90度カーブしていて、そこで炎症や滑膜炎を起こすと上腕二頭筋長頭腱炎となります。

 

 

 

上腕二頭筋長頭腱炎は

 

手のひらを前方に向けしたまま手を垂らし、肘を伸ばしたままその手に抵抗を加えて手を前に上げてもらう。

その時に肩関節前面に痛みが出るスピードテスト。

肘を90度屈曲位で、内側から外側に捻る手に抵抗を加えた時に肩が痛むヤーガソンテスト、肩関節前面を直接押さえて痛みを見る事などで判断をする事が出来ます。

 

上腕二頭筋長頭腱炎の施術は、安静を中心とし、筋肉を緩めたりストレッチを行うことで再発を防いでいきます。

 

上腕二頭筋長頭腱炎は、比較的経過の良い腱の炎症ですが、時には腱が切れたり、切れずに腱が付いている部分の骨ごと引き剥してしまう事がありますから、痛みがなかなか引かない場合は、詳しい検査や良く見てくれる病院や治療院へ行く必要があります。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間