下駄履き骨折-足の外側の骨折

捻挫後に足の外側の強い痛みを感じる時など、下駄履き骨折の初期対応と骨折後のリハビリは、大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にお任せください!

 

下駄履き骨折とは、別名「第5中足骨基部骨折」とも言います。

足の甲の外側、小指の先と踵の後ろの中間くらいの位置の骨折で、この骨折がその昔、下駄を履いていて足を捻った時に発生しやすかったため、下駄履き骨折という名前がついています。

 

足の裏が内側を向くような内返しに足を捻り、足先の方へ体重がかかってしまうと、前足部の一番外側にある第五中足骨の基部の部分が骨折してしまいます。

 

症状としては、受傷直後から強い痛みと腫れが起こります。特に足の外側に強い痛みと腫れが見られ、普通に足を着いて歩けないこともあります。

下駄履き骨折の場合、痛みの強さにより異なりますが、ギプス固定や足底板にて患部への負担を軽減する事を主とした治療を行いますが、骨折部が不安定な場合や骨折部のズレが大きな場合は手術になることもあります。

 

足部を捻り、痛める事は、日常で起こりやすい怪我の一つですが、痛みや腫れが強い場合や、足の外側の痛みが長引くような時はこういった骨折も疑われますので、自分で判断せずに医療機関への受診をおすすめします。

 

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間