下肢閉塞性動脈硬化症(ASO)-足、下肢の痛みやしびれ・長い距離を歩くと足が痛む

大阪市住吉区藤田鍼灸整骨院

下肢閉塞性動脈硬化症(ASO):足が冷たい、歩くと足がしびれる、歩くと足が痛む、長時間歩けない、長い距離を歩けない、立ち止まって少し休むと楽になるなど

 

動脈と動脈硬化について

 

人の体には動脈と静脈があり、動脈は全身の臓器や組織へ血液を運ぶためのパイプラインです。

その動脈を通る血液が、酸素と栄養分を全身へと運んでくれることにより、人は生命活動を維持することが出来るのです。

通常、健康な動脈は薄く柔軟でしなやかさがあり、送る血液量に対して太さを変えながら対応しています。

しかし動脈が硬くなったり、中が詰まったりする動脈硬化になると十分な血液や酸素、栄養を送ることが出来ないために様々な障害を引き起こします。

その動脈硬化が下肢へ向かう血管に起こるものは、下肢閉塞性動脈硬化症と呼ばれます。

 

 

 

下肢閉塞性動脈硬化症とは

 

下肢閉塞性動脈硬化症は、主に下肢の血管が柔らかさを失う動脈硬化が元となる疾患です。動脈硬化により血管が狭くなったり(狭窄)詰まったり(閉塞)することにより、足を流れる血液の量が不足することで足に痛みやしびれが出るようになります。

下肢閉塞性動脈硬化症の原因となる硬化をしてしまう血管は、下行大動脈や腸骨動脈、大腿動脈、それ以外の下肢の血管となり、動脈硬化は血管の分岐部に特に多くなります。

下肢閉塞性動脈硬化症|動脈硬化となる血管|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

下肢閉塞性動脈硬化症|動脈硬化となる血管

下肢閉塞性動脈硬化症|動脈硬化となる血管|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

下肢閉塞性動脈硬化症|動脈硬化となる血管

 

下肢閉塞性動脈硬化症は動脈硬化が原因となりますので、糖尿病・脂質異常症・高血圧症・喫煙・高尿酸血症・慢性腎臓病・肥満等の生活習慣病があるとより悪い状態となります。

 

下肢閉塞性動脈硬化症は、50歳以上の男性に発症しやすいといわれています。

また、動脈硬化による症状が下肢に出るということは、全身の血管にも出ているはずですから狭心症や心筋梗塞・脳梗塞など、他の血管疾患に対しての注意も必要です。

 

 

 

下肢閉塞性動脈硬化症の分類

 

下肢閉塞性動脈硬化症は、現われる症状の程度により大きく4つに分類されます。(Fontain分類)

 

  • 1度:冷感・しびれ感

 

足が冷たい、しびれる、指が青白い

 

  • 2度:間欠性跛行

 

一定距離を歩くとふくらはぎが痛くなり、立ち止まって休むと症状が改善し、再び歩行することができる。

歩ける距離が短いほど重症になります。

 

  • 3度:安静時疼痛

 

安静にしていても足が痛み、夜も眠れない。

刺すような痛みが続くこともあります。

 

  • 4度:潰瘍・壊死

小さな傷が治りにくくなり、潰瘍が出来たり、黒く壊死したりします。

 

 

 

下肢閉塞性動脈硬化症を疑うときは

 

医療機関にて血液検査や首や下肢のエコー検査、トレッドミル歩行検査、血圧脈波検査、胸部レントゲンや12誘導心電図などを行います。

画像診断としては3D-CTアンギオや血管造影検査、心臓カテーテル検査、心電図同期冠動脈CTなどを行います。

 

また、間欠性跛行が腰部脊柱管狭窄症のものであるか否かの整形外科的な検査をも行います。

理学検査としては腹部大動脈、左右総大腿動脈、膝下膝窩動脈、足背および後脛骨動脈を左右比較します。この時に足背動脈、後脛骨動脈のどちらか一方でも正常に蝕知出来れば下肢の虚血は発生しないとされています。

 

以下の表は最新整形外科学大系に記載された血管性と神経性の間欠性跛行の判断基準となります。

血管性(ASO,TAO) 神経性
原因 動脈閉塞」 馬尾型、神経根型
部位 骨盤・大腿型閉塞

一側性または左右差

腓腹部以外に

大腿、殿部、足底(TAO)

ほとんどL4-L5

両側性、一側性

主症状 歩行時疼痛 両下肢しびれ、歩行時疼痛、脱力感、坐骨神経痛症状、腰痛
発現時期 居血重症度に依存

ABIと相関する

安静時にもしびれ

歩き始めから100m以内

随伴症状 冷感 尿失禁、残尿感
手術時期 日常生活の困難

ABI<0.5

安静時しびれの出現

 

 

 

下肢閉塞性動脈硬化症の治療

 

治療は、一般薬物療法、運動療法、血管内治療(カテーテル治療)、外科的療法(バイパス手術)などが、重症度により選択されます。

 

間欠性跛行のある方で1度や2度の段階であれば、投薬などと同時に運動療法が行われます。運動療法は下肢の痛みやしびれの状態を見極めながら、無理のない距離を歩くことで血流の改善を図ります。

そうして血流が改善されれば歩く距離は少しずつ伸びていきます。

 

また、血流を良くするための足湯や、冷暖房の管理等、身体を冷やさない様な工夫なども根気よく行ってみてください。

 

下肢閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化が原因であることがほとんどですので、禁煙や食事療法、生活習慣病の治療などが重要になってきます。

 

気になる症状が現れた場合、先ずは医療機関で見て頂き、ご自身の重症度を把握、症状に合わせた改善方法を見つけることが大切です。

 

足の痛みやしびれ、運動療法のご相談、手術後のリハビリは是非当院まで!

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

 

中村 正人(2010)『閉塞性動脈硬化症の病態』心臓 42 巻 3号,285-288

 

笹嶋 唯博(2007)『閉塞性動脈硬化症』最新整形外科学大系.中山書店

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間