上腕骨内側上顆炎-肘の内側の痛み

肘の痛み、肘の内側の痛み、ゴルフ肘、野球肘、しつこい肘の痛みなど、上腕骨内側上顆炎の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

上腕骨内側上顆炎は、手や腕を使いすぎることにより肘の内側に炎症が起こり痛みを生じてしまう疾患です。

 

肘の内側(内側上顆)には、指を曲げたり、手首を曲げたりするための筋肉が付いています。

ゴルフや野球などで繰り返し力を入れて手を動かす方や主婦などの手をよく使う労働環境にあるとよく起こります。

 

症状としては、物を持ち上げたり手に力を入れたりする動作で肘の内側に痛みを感じます。

 

治療としては、肘の内側への負担と、それにより起きている炎症を抑えることが必要です。

基本的には患部の安静とテーピングなどでの保護、原因となっている筋肉のストレッチやマッサージなどを行います。

 

上腕骨内側上顆炎は正しく対処していくと、基本的には痛みは軽減していきます。よって、いつまでたっても痛みが軽減しない場合や、スポーツなどで酷使したのちの痛みの場合は、靭帯や骨を痛めているケースもありますから、肘の痛みを感じたらお近くの専門家へご相談ください。

 

肘に痛みを感じたら

藤田鍼灸整骨院 へご相談ください!

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間