上腕二頭筋長頭腱炎-肩関節前面の痛み

肩関節前面の痛みなど上腕二頭筋長頭腱炎の治療は、大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にぜひお任せください!

☆上腕二頭筋長頭腱炎の最新の記事はこちら>>上腕二頭筋長頭腱炎-肩前面の痛み、腕を動かすと肩が痛む

 

力こぶを作る筋肉を上腕二頭筋と言い、その筋肉は上に行くと二つに分かれて腱となり、長い方を長頭、短い方を短頭と言います。(だから二頭筋!)

その下から上へとがって来た長頭は、肩関節の正面、上腕の骨の頭の部分の所で90度カーブしていて、そこで炎症や滑膜炎を起こすと上腕二頭筋長頭腱炎となります。

 

上腕二頭筋長頭腱炎は、

手のひらを前方に向けしたまま手を垂らし、肘を伸ばしたままその手に抵抗を加えて手を前に上げてもらう。

その時に肩関節前面に痛みが出るスピードテスト。

肘を90度屈曲位で、内側から外側に捻る手に抵抗を加えた時に肩が痛むヤーガソンテスト、肩関節前面を直接押さえて痛みを見る事などで判断をする事が出来ます。

 

上腕二頭筋長頭腱炎の施術は、安静を中心とし、筋肉を緩めたりストレッチを行うことで再発を防いでいきます。

 

上腕二頭筋長頭腱炎は、比較的経過の良い腱の炎症ですが、時には腱が切れたり、切れずに腱が付いている部分の骨ごと引き剥してしまう事がありますから、痛みがなかなか引かない場合は、詳しい検査や良く見てくれる病院や治療院へ行く必要があります。

 

大阪市 住吉区 長居 4-5-18

藤田 鍼灸 整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間