マレットフィンガー(指先が伸びない・指先を捻挫した)

突き指をした、指が完全に伸びないなどマレットフィンガーの初期対応や術後のリハビリは大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にお任せください!

 

マレットフィンガーとは、いわゆる突き指と言われる部類に入るものでボールなどが指先に当たるようなケースに発生し、指の第一関節が曲がったまま伸びなくなってしまいます。

 

マレットフィンガーは次の3つに分類されます。

 

Ⅰ型 伸筋腱の断裂(指先を伸ばす腱が切れる)

 

Ⅱ型 伸筋腱付着部の骨折(指先を伸ばす腱が付いている所の骨を引き剥す骨折)

 

Ⅲ型 伸筋腱の付着部の骨折と関節の脱臼(腱が引き剥す骨が大きすぎて関節が脱臼してしまうもの)

 

Ⅰ型とⅡ型に関しては保存(固定)療法にて回復が可能です。

Ⅲ型に関しても、徒手整復を行ったうえで保存(固定)療法にて回復は可能です。しかし、すぐに脱臼をしてしまうために固定には技術と繊細な管理を必要とします。

 

受傷後の症状としては、第一関節の痛みや腫れ、内出血や圧痛などがあり、自分では指を伸ばせなくなっています。

基本的には保存療法にて治療可能なマレットフィンガーですが、ただの突き指と思って放置してしまうと、腱や骨がくっつかずに指先が曲がったままの状態となってしまいます。

 

つき指と言われるものに含まれがちなマレットフィンガーですが、指の軽い捻挫とは全くレベルの違うものとなります。

もし突き指して指が伸びなくなった場合は、外傷に詳しいに専門家でみてもらい正確な対処をして頂いて下さい。

 

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間