ハンター管症候群-膝やすねの内側の痛みやシビレ

膝から下の内側のしびれ、ハンター管症候群、伏在神経麻痺の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

聞きなれない疾患名ですが、足のしびれの原因の中にハンター管症候群というものがあります。

ハンター管とは、内転筋管ともよばれ、太ももの内側の筋肉のそばにある筋膜の管です。

そこ管の中を伏在神経という、膝の内側やふくらはぎの内側などの感覚を司る神経が通っています。

そのハンター管が、圧迫されるようなことがあると、膝やふくらはぎの内側がしびれるといった症状が出てきます。

圧迫される原因としては、直接太ももの内側を圧迫するようなことがあったり、運動などにより、太ももの内側の筋肉が緊張することで圧迫される場合などがあります。

 

ハンター管症候群は稀な疾患ですので、他の神経痛と間違われてしまうこともありますが、しびれの場所や原因を丁寧に探ることによって判断ができると思います。

足のしびれが出た時は、どこに原因があるのかを突き止めなければ回復は見込めません。

足のしびれでお困りの方は、お近くのしびれに詳しい専門家にご相談されることをおすすめします。

 

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間