ドケルバン病・デカルバン病(狭窄性腱鞘炎)-手首の使い痛み

住吉区長居藤田鍼灸整骨院>>http://shinkyuuseikotsu.com/

ドケルバン病・デカルバン病(狭窄性腱鞘炎):手首の親指側の痛み、手首の腱鞘炎、出産後の手首の痛み、指の使い過ぎによる痛み、手首の使い痛みなど

 

前腕のコンパートメントについて

 

前腕の甲側にある手首や指を伸ばすための筋肉は、筋膜により6つの区画(コンパートメント)に分けられており、それらの筋肉は腱となり、前腕の手首近くの部分で伸筋支帯という、それらを押さえ安定させるためのバンドの下を通ります。

 

前腕背側の6つの区画(コンパートメント)には以下の筋肉が通ります。

 

第1区画(コンパートメント):長母指外転筋、短母指伸筋腱

第2区画(コンパートメント):長・短橈側手根伸筋腱

第3区画(コンパートメント):長母指伸筋腱

第4区画(コンパートメント):指伸筋腱、示指伸筋腱

第5区画(コンパートメント):小指伸筋腱

第6区画(コンパートメント):尺側手根伸筋腱

 

 

 

腱鞘炎とは

 

それぞれの区画を通る腱は腱鞘で包まれて守られているのですが、中を通る腱と腱鞘が擦れて炎症を起こす状態が腱鞘炎です。

 

 

 

ドケルバン病とは

 

母指の使い過ぎによる負荷により、第1区画内の腱鞘が肥厚したり腱の表面が傷んだりすることにより腱の滑走が妨げられ擦れ、痛みや腫れが生じます。

この第1区画を通り、親指を動かす短母指伸筋腱と長母指外転筋腱の腱鞘炎がドケルバン病と呼ばれるものなのです。

また、ドケルバン病よりもはるかに頻度が少ない、手指の使い過ぎによる腱鞘炎としてはインターセクション症候群がありますが、ドケルバン病の方が手首に近く、手首の真横の位置に発症します。

インターセクションシンドロームとドケルバン病の違い橈側手根伸筋短母子伸筋長母指外転筋|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

ドケルバン病とインターセクションシンドロームの違い

 

 

 

症状としては

 

局所の痛み、腫脹、圧痛の他に、母指を反らしたり手首を動かしたりすると痛みが強くなるなどです。

さらに親指を他の4指の中に握りしめた状態で手首を小指側へと真横に倒すことで痛みが増強します。これはフィンケルシュタインテストと言ってドケルバン病の判断に使われる徒手検査にもなります。

ドケルバン病フィンケルシュタインテスト|藤田鍼灸整骨院

ドケルバン病フィンケルシュタインテスト

 

 

ドケルバン病はスポーツや指をよく使う仕事の人に起こりやすいのですが、特に出産後や更年期の女性に多くみられます。手首は痛むがお子さんを抱かないわけにもいかないので、産後のお母さんにドケルバン病が出た場合は、とても辛いい思いをしているのではないでしょうか?

 

 

 

デカルバン病を疑うとき

 

親指の動きで痛むかどうか、さらに局所の腫脹や圧痛を確認します。ドケルバン病の場合、手首の親指側の出っ張った骨のあたりに腫れや痛みが出ます。

そしてフィンケルシュタインテストを行います。フィンケルシュタインテストはドケルバン病の判断に特に有効なのですが、状態の悪い時にとても強い痛みが出ますので、親指の動きや圧痛を見て、痛みの程度をある程度把握してからゆっくりと行った方が患者さまに痛い思いをさせなくてすみます。

 

 

 

ドケルバン病の治療

 

治療としては保存療法と手術療法がありますが、ほとんどの場合は保存療法で回復します。

 

保存療法では、医療機関では患部の安静、消炎鎮痛剤の投与、腱鞘内ステロイド注射などがよく行われるようです。

多くの場合、保存療法により症状が回復していきます。

 

保存療法にて改善が見られない場合や、日常生活動作において支障がある場合などは、短母指伸筋腱や長母指外転筋腱の腱鞘を切開する手術療法が選択されることもあります。

 

しかし出産後などの、その時のみに発症しやすい明確な理由がある場合は、日常生活に問題があり、なかなか改善が見られない場合でも、手術は行なわずに体に負担の少ない愛護的な施術を根気よく続ける方がいいと思います。

 

 

 

当院の場合

 

短母指伸筋や長母指外転筋を緩める手技や、マイクロカレント、ハイボルテージなどの電気治療、テーピングによる固定などを行い、時には鍼灸治療も行います。

さらに痛みの強い方には、着脱可能な強固な固定を行います。これは着脱可能の方が、結果的に患者さんはまめに装着してくれます。

 

症状が出た場合は、なるべく早く保存療法を開始することが大切です。

 

痛みを我慢して慢性化させてしまう前に、気になる症状がある方はお近くの専門家へご相談ください。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間