タナ障害-膝の内側の痛み

膝のお皿周辺の痛み、膝の曲げ伸ばしでポキッと音が鳴る、膝のひっかかり感など、タナ障害の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

 

タナ障害とは、膝を曲げ伸ばしした時にポキッというような音がしたり、引っかかり感を感じたりする疾患です。

 

タナとは、膝のお皿と大腿骨の間にある滑膜ヒダのことで、このタナと呼ばれる組織は、症状の出ていない人の膝の中にも存在し、それ自体は障害の原因にはなりません。

しかし、スポーツなどで膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで、タナが膝のお皿と大腿骨の間に挟まったりこすれたりすることも繰り返されると、タナが炎症を起こし、腫れや痛みが出ることとなりタナ障害という状態になります。

 

タナ障害の特徴は、膝の屈伸と打撲を伴うスポーツ種目によくみられ、10~20歳代の若い人に多く、男性より女性の割合が高いです。

 

痛み自体は、曲げ伸ばしによりひっかかり感が生じた時に起こるだけなので、常に膝がひっかかって痛みが出るという状態でなければ、スポーツを中止して安静にすることで、だいたいの場合は改善していきます。

 

また、太ももの筋肉に疲労が溜り硬くなっている状態の場合、タナの摩擦が強くなるため手技などで筋肉の疲労をとってあげることも大切です。

それでも長期にわたり痛みが出る場合は、内視鏡下での手術でタナを切除することもあります。

 

痛みが出た場合は安静が一番ですが、予防として日頃から、膝周りの筋肉を鍛えたり、筋肉を柔軟に保つためにストレッチや手技による筋肉のケアを行うことが重要です。

 

大阪市 住吉区 長居 4-5-18

藤田 鍼灸 整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間