オスグッド・シュラッター病ー膝のお皿の少し下の痛み

成長期の子供の膝の痛み、オスグッド・シュラッター病の治療は、大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にぜひお任せください!

オスグッドシュラッター病は、主に10~15歳の活発な成長期の男子に多く発生し、膝関節の過度の使用(ジャンプや屈伸等)により、お皿の下にある膝蓋靭帯の付着部に繰り返し引っ張る力が加わることで炎症が起こり痛みが生じます。

 

成長痛と間違われることもあるのですが、成長痛は夕方から夜間に痛みが出ることが多く日中は痛まないのに対し、オスグット病では運動などの負荷がかかることで痛みが出る事や、硬い隆起が出来るなどの特徴があるので判別は可能です。

 

回復方法としての一番は安静なのですが、運動をする必要がある中での解決方法を探さないといけない事がこのオスグッド病の難しい所です。

激しい運動と言う高負荷の中での回復施術になりますので、出来る事は少しでも実行して行かなければ結局いろいろな施術を試したが、やはり回復しなかったという事になってしまします。

 

【少しでも回復させるためには】

運動後のアイシングやストレッチ、運動後でなければ逆に温めて血流をよくする事も考える必要があります。

生活指導としては、休息の取り方はもちろん、歩行や筋力トレーニングの見直しなど体の悪い癖を改善する事も大切です。

痛みの強い場合は、負荷を減らすためにシュラッテルバンドを使ったり、時には松葉杖を着いてでも負荷を減らす事が必要です。

 

ただ成長期の大切な時期ですから、思い切って体を休める事で回復にに専念する決断が必要なケースもあります。

その様な時には、周りの大人たちの冷静な判断と、本人の気持ちを汲み取った上で時間をかけて納得してもらう事が大切だと思います。

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間