インピンジメント症候群ー足関節捻挫後の痛み

足関節捻挫後の足関節の痛みなど、インピンジメント症候群の治療は、大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院にぜひお任せください!

足関節捻挫の後、なかなか痛みが引かなかったり、一度は治ったと思ってもスポーツをした時に足首を動かすと痛みが生じて、満足な形で競技ができないということがあります。

 

レントゲン上では異常なく、関節の不安定性もないケースで足関節に痛みが出る疾患の一つ足関節Soft tissue impingement(足関節インピンジメント症候群)があります。
これは足関節の周辺で軟部組織が挟まってしまうことが原因で生じる疾患の総称で、主に足関節の前面で多く見られます。
痛みを感じるのは、足関節捻挫をした時に痛くなる場所とほぼ同じ場所なのですが、捻挫は内側へねじると痛みが生じるのに対し、足関節インピンジメント症候群の場合には、足部を上へ反すと痛みが生じます。
この疾患は、初回捻挫後の不適切な処置や繰り返しの捻挫により、軟部組織の炎症がくり返され、軟部組織や靭帯繊維の一部が肥厚し、それが関節面に挟まって痛みが起きるので、捻挫を甘く見て最初にしっかり治療しなかったり、軽い違和感を覚えつつプレーを続けていると、足関節インピンジメント症候群になってしまう場合が出てきます。
インピンジメント症候群を防ぐためには、初回捻挫時に、安静と固定をしっかりと行い、きっちりと治すことが重要であり、当院では捻挫の程度をしっかりと見極めて正しく処置を施すことで、このような2次災害とも言える状態を防げるように努力しています。たかが捻挫、されど捻挫ですから放置せずにまずは当院へご相談ください。

 

大阪市 住吉区 長居 4-5-18

藤田 鍼灸 整骨院

06-6698-4568

 

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間