へバーデン結節・ブシャール結節―指の関節の痛みや変形・リウマチの様な

指の変形、指の痛み、指の腫れなどヘバーデン結節・ブシャール結節の治療は大阪市住吉区長居の藤田鍼灸整骨院へお任せください!

指の関節の痛み、指の関節の変形、指の関節の腫れ、関節リウマチの様な指の痛みや変形など

 

へバーデン結節・ブシャール結節とは?

 

手の指先、最も爪に近い関節はDIP関節、爪から2番目の関節のことをPIP関節と言います。

そのDIP関節やPIP関節に痛みが出たり変形して曲がってきたり、関節の一部がこぶのように腫れることがあります。

これらの変化がDIP関節に出るものをへバーデン結節と言い、PIP関節に出た場合はブシャール結節と言われます。これらは変形性関節症の一種なのですが、リウマチによる変形と間違われる方も多いようです。

 

リウマチとの違い

 

リウマチの場合は朝に手のこわばりが出ることや、PIP関節と爪から3番目の関節であるMP関節に痛みや変形が出やすいのですがDIP関節の異常は基本的に出ません。

またリウマチによる炎症がひどくなるとPIP関節MP関節に加え手首の関節を構成する軟骨や骨が破壊され変形してしまいます。そして指全体が小指側へと傾きます。

一方、へバーデン結節やブシャール結節にはここまでの症状が出ることはほとんどありません。

 

へバーデン結節・ブシャール結節の特徴

 

明らかな原因は不明ですが、40歳以降の女性に多く発生します。

比較的手をよく使う人に発症しやすい傾向があります。

へバーデン結節やブシャール結節が出現すると関節が変形をしていくのですが、変形をしている間は軽度~重度の痛みを伴います。しかし、変形をし終わると痛みが出ることはほとんどありません。

へバーデン結節の変形は、鳩のくちばしの付け根の様にDIP関節の背側の左右に2つこぶがあるような変形をきたします。

ブシャール結節の変形はPIP関節全体が腫れるような感じになることが多いです。

また、ブシャール結節は指を曲げる腱の滑走状態が悪くなることでPIP関節に慢性的な力が加わり変形するとも言われていて、ブシャール結節の場合はひどくなると手術が必要になることもあります。

 

へバーデン結節・ブシャール結節の治療

 

へバーデン結節やブシャール結節の変形や痛みは、いつかは治まりますが、痛みが出る期間と痛みの強さには差があり、痛みの強い方は日々の生活に大きく支障をきたすために真剣に悩んでいる方は多いです。

当院ではテーピングによる固定を行い、水仕事など生活に必要なことが出来るようにすることを基本としていますが、それでも痛みを強く感じる方にはオルフィットやアルミシーネ、ポリキャストなどの固定具を使った固定を行います。ただし強固な固定も取り外しが出来るようにしておきます。それは固定期間が少々長くなることが多いので、固定具自体で生活の負自由度が強すぎると結局固定具を着けなくなる方が多いからです。

そうして変形や痛みを緩和し、状態が落ち着くのを待ちます。

 

手の指の変形や痛みが気になる方は、それらを緩和するためのきめ細かい対応をしてくれる専門家を見つけてください!

 

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間