ばね指(バネ指)・腱鞘炎-指が引っ掛かりカクッとなる・指の付け根の痛み

大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

ばね指:指の腱鞘炎、指を曲げると痛む、指の付け根の痛み、手のひらの痛み、指の腱鞘炎、指がひっかかる、指がカクッとなるなど

 

骨と骨が接することで作られる関節は、自力では動くことが出来ません。関節は筋肉が収縮することで筋肉の端の部分である腱を引っ張り、その腱が付着する部分の骨を引き寄せることで関節は動きます。

 

その腱は、靭帯性の腱鞘やfibro-osseous tunnel(靭帯などの線維と骨とで作られたトンネル)のにより、筋肉により引っ張られた腱が骨へと作用する方向を途中で変えたり、骨や関節に沿って腱が正しく滑走できるようになっています。

 

そして、手の腱鞘が使い過ぎ等により炎症を起こし痛みや腫れを出すのが腱鞘炎であり、腱鞘炎のうち指の曲げ伸ばしで引っかかる現象が生じたものはばね指と呼ばれます。

 

 

 

ばね指は

 

ばね指になると指を曲げ伸ばしする際に、引っかかりが生じカクッとかバチンというようなばね仕掛けみたいな現象が出ます。

更年期や妊娠出産期の女性に多くみられますが、手や指をよく使う人やスポーツ愛好家にもよくみられます。

 

近年ではパソコンやスマホ、ゲーム機などの長時間使用が原因だと思われるケースも増えてきており、糖尿病、リウマチをお持ちの方や透析を行っている方にもよく起こります。

 

 

 

ばね指になる原因としては

 

指を曲げたり伸ばしたりするときは、筋肉の縮みにより腱が引っ張られ、腱が付着している骨を引き寄せることで関節が曲がり指の運動が起こります。

腱は関節の近くで筋肉に引っ張られるたびに動くのですが、動く時によく擦れる位置にある腱は滑膜性腱鞘というもので覆われて守られています。

指の屈筋腱と滑液鞘|住吉区長居藤田鍼灸整骨院

指の屈筋腱と滑液鞘

 

滑液鞘とはその腱の部分を包む鞘(さや)のことを指します。腱を包み込むことで腱の動きを良くしたり、腱が関節部分で受ける負担を減らしたりしているのです。

さらに腱と滑液鞘は、指の付け根の手前で靭帯性腱鞘というバンドにて腱と滑液鞘が弓のように浮き上がらない様に押さえられています。

バネ指ー屈筋腱の靭帯性腱鞘|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

バネ指ー屈筋腱の靭帯性腱鞘

その部分で、指の運動による摩擦や内科的疾患などの理由により腱や滑液鞘が腫れたり肥厚したりすると、滑液鞘が靭帯性腱鞘に引っかかり指を動かすことがし辛くなります。

ばね指・バネ指ー腱や滑液鞘、靭帯性腱鞘の腫れや肥厚|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

ばね指ー腱や滑液鞘、靭帯性腱鞘の腫れや肥厚

(特に屈筋腱の腱鞘は母指の付け根の手指骨がある部分で最も狭くなるために、子供も大人もともに母指のばね指の発生率は高くなります)

そして、摩擦が続くことでさらに腱や滑液鞘が大きくなったり靭帯性腱鞘まで腫れて肥厚したりすると、腱や滑液鞘が靭帯性腱鞘を通過することが難しくなり、それを通過するときにばね現象は起こります。

ばね指・バネ指ー大きくなり引っかかった結節部が靭帯性腱鞘を通り抜けれた時にばね現象が起きる|大阪市住吉区長居藤田鍼灸整骨院

ばね指ー大きくなり引っかかった結節部が靭帯性腱鞘を通り抜けれた時にばね現象が起きる

 

 

 

ばね指になると

 

はじめのうちは手のひら側、指の付け根のしわより1センチほど手首寄りのところを押さえたり、指を動かしたりすると痛みを感じます。

その段階では正確には腱鞘炎ですが、さらに炎症が強くなり指の曲げ伸ばしをした時に〝カクッ〟となる現象を伴うと〝ばね指〟と呼ばれるようになります。

実際の現場では引っ掛かりが無くてもばね指と説明されることもあると思いますが、引っ掛かりがあるか無いかの違いのみでどちらも同じような状態です。

さらに悪化してしまうと、痛みやひっかかりが強くなり、指の曲げ伸ばしが出来なくなり、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

 

 

 

ばね指を回復させるには

 

保存療法として、装具なども使った局所の安静、消炎鎮痛剤の使用などを行っていきます。

腫れや痛みが強いときは、腱鞘内にステロイド注射を行うこともあります。

保存療法を行っても改善されないときは、腱鞘を切開する手術が行われます。

その手術は切開をして行うものと切開せずに腱鞘切開刀を使い縫わなくてもよい小さな傷で行うものもありますので医療機関に詳しく聞かれるとよいと思います。

 

 

 

当院では

 

ばね指は、基本的には使いすぎにより起こることが多くため、回復させるには患部への負担を減らすことが必要となってきます。

当院では、装具やテーピングによる固定、関係する筋肉の緊張と疲労の緩和、アイシングや鍼施術、腱鞘炎に適した特殊な電気治療を行っていきます。

しかし、手の使用量があまりにも多い場合はそれでも回復が難しいこともあります。

その場合、当院では小さな傷で縫わずに行う手術が出来る整形外科もご紹介できますので、ばね指でお困りの方はぜひご相談ください。

大阪市住吉区長居4-5-18

藤田鍼灸整骨院

06-6698-4568

 

参考文献

 

山本 博司・齋藤 聡(1997)『狭窄性腱鞘炎-ばね指(弾発指)』プラクティカルマニュアル 手疾患保存療法,金原出版株式会社,51-55

アクセス

藤田鍼灸整骨院

〒558-0003 大阪市住吉区長居4丁目5-18
【アクセス】御堂筋線 長居駅より約5分
                  JR阪和線 長居駅より徒歩5分(1.8km)

ご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

診療時間